CONSTANTINOPLE

<ペルシャ絨毯買い取り・下取り>

ご自宅に使っていないシルクペルシャ絨毯、ヘレケなどシルクのトルコ絨毯やキリムはありませんか。ご遠方の方もご相談ください。TEL:03-3718-0211

  ベッドカバー トルコ


  テーブルランナー トルコ


  ランチョンマット トルコ


  クッションカバー トルコ





ペルシャ絨毯

トルコ絨毯



Constantinople blog


キリムとは
2012-06-21
キリムとは
 キリムとは遊牧民たちが生活用具として織った織物です。敷物とするのは勿論、風や砂から身を守ってくれるテントになり、食品の保存や衣類の収納,壁の飾りや赤ちゃんの揺りかごにもなりました。

キリムにはそれを織った女性たちの想いが込められております。
幼い時分からお嫁に行くまで自分たちの夢やあこがれ、胸に秘めた愛情や悩みなどを一本の糸に託してキリムに織り込んでいくのです
キリムの原料は主に羊毛です。
紡がれた毛糸に天然の植物を使った草木染めを基本としておりますが現在では化学染料も使われてきております。

キリムのモチーフは先祖伝来のものから魔除けの目、豊穣の女性像、屈強の羊の角、花嫁のカーネーションとさまざまですがその何れにも必ず意味があります。
織り柄やサイズも色々、リビングや玄関マット、壁飾りやテーブルクロスなどお手軽に利用できる丈夫で重宝な織物です。
当店のキリムは店主が永年の人脈を生かしてアナトリア地方の遊牧民の村まで出向き、顔見知りの遊牧民一族から気に入ったものだけを譲り受けてきたものです。
遊牧民の中にはいまだ文字も読めない人たちもおりますが、その女性たちの秘めた想いが一枚のキリムを通してあなたの心を揺さぶるはずです。

コンスタンチンオープル
〇年〇月〇日
「コンスタンチノープル」は東京都大田区のペルシャ絨毯、トルコ絨毯、キリム、ターコイズ(トルコ石)アクセサリーの直輸入販売店。
取り扱い商品:ペルシャ絨毯(ウール、シルク)、トルコ絨毯(ウール、シルク)、「ギャッベ」絨毯、「ヘレケ」絨毯、「カイセリ」絨毯、「タシュプナル」絨毯、「ミラス」絨毯、「ヤージュベディル」絨毯、「ベルガマ」絨毯、「ドシェメアルトゥ」絨毯、「カルス」絨毯、トルコのキリム。玄関マットから大型の絨毯まで。オーダーメイド、トルコから絨毯やキリ

ムの取り寄せ、アンティーク絨毯、アンティークキリムのご要望、絨毯のクリーニングなど、お気軽にご相談ください。その他、ターコイズの指輪、ターコイズのネックレス、ターコイズのブレスレット、ターコイズのイアリング、ターコイズのブローチ、トルコの銀製品(シルバーウエア)、イズニック産タイルやイズニック地方の陶器、トルコの刺繍ベッドカバー、トルコの刺繍クッションカバー、トルコのレース、キリム製品、トルコのランプなどのインテリアも展示・販売しております。
「コンスタンチノープル」へのアクセス:東急「大岡山」より徒歩3分。大岡山北口商店街、ファミリーマート手前。

最寄り駅:「大岡山」、「自由が丘」、「緑ヶ丘」、「都立大学」。その他、「田園調布」、「二子玉川」、「武蔵小杉」、「中目黒」、「恵比寿」、「目黒」、「品川」、「渋谷」からもアクセス良好。
家の新築、マンションの購入の機会に、引越や結婚祝いに、「コンスタンチノープル」で、こだわりのインテリアとペルシャ絨毯を見つけてみませんか。


トルコ
2012-06-21
  
 トルコ共和国(トルコきょうわこく)、通称トルコ(土耳古)は西アジアのアナト
リア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領
有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア
中央部のアンカラ。
北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシアと、東でグルジア、ア
ルメニア、イラン、イラク、シリアと接する。
国土の大半の部分はアナトリア半島にあたり、国民の約99%がイスラム教(宗
派はスンナ派が多数)を信仰するため、日本の地域区分では地理的な位置
と、欧州即ちキリスト教というステレオタイプから中東、西アジアに含めることが
ほとんどであるが、サッカー協会やオリンピック委員会などではヨーロッパの統
一団体に属す。経済的、政治的にもヨーロッパの一員として扱われることがあ
り、現在欧州連合(EU)へ加盟申請中である。
トルコ語による正式国名は、(テュルキエ・ジュムフリイェティ)通称Tü
rkiye(テュルキエ)

<トルコ手織り絨毯について>

2012-06-21

constantinople.jp

現代に残されたごくわずかな手作りの工芸品の中で、絨毯織りは2000年以上の長きに渡る伝統を失わずに受け継がれてきたものです。トルコ絨毯は材料の特質に合わせて糸を結ぶ方法がとられています。その結び目はタ―キッシュノット又はギョウルデスノットと呼ばれるダブルノット(縦糸を2本いっしょにして絨毯に色糸で結んでいく方法)です。絨毯のデザインや絨毯のパターンは多様に変化しても、トルコ絨毯の伝統的な特質は変わらなく続いてみます。
トルコの絨毯作りは世代を越えて受け継がれてきた技術の結晶といえるもので、家族、一族、あるいは村ぐるみで知恵と力、技と経験を出し合い育んできたものです。トルコのそれぞれの地方によって、使われる、絨毯のパターンや絨毯のデザイン、それから絨毯の材料に特徴があります。本来、このようなトルコの手織り絨毯は、トルコのそれぞれの地方の生活に必要不可欠なもので、絨毯の用途もさまざまです。敷物(カーペット)として、部屋の仕切りとして、タペストリーなどの壁の装飾として、ソファーや椅子のカバーとして、礼拝時の必需品として、トルコの人々にとって絨毯は日常生活に切っても切り離せないものでした。今日も、トルコでは、家庭やオフィスで、ホテルやホールで、実用と装飾を兼ねたトルコの手織り絨毯は暮らしにもインテリアにもみごとにマッチしています。上質で美しいトルコの手織り絨毯は時と共にますます絨毯の価値を高めるものです。ダブルノットで織られた、トルコ絨毯は使い込まれることにより、絨毯の結び目が堅くなり、いっそう貴重な絨毯になります。選び抜かれた上等な絨毯は敷物(カーペット)として、壁掛け(タペストリー)としても貴重なもので、子供や孫に残す価値のある美術品ともいえるでしょう。シンプルなお部屋も、一枚の手織り絨毯で見違えるようになります。花柄、幾何学模様、鮮やかな配色、あるいはパステルカラー、シルクかウールの絨毯か、または、どの産地のトルコ絨毯をどのようにアレンジするかで変化のあるインテリアや部屋作りが楽しめます。近年、トルコの手織り絨毯は西欧や中東、アジアからの憧れの的で、国際市場でのトルコ絨毯、特に「ヘレケ」絨毯の人気は驚くほどです。「コンスタンチノープル」ではトルコ絨毯の素晴しさをご紹介するため、「ヘレケ」絨毯、「カイセリ」絨毯、「ベルガマ」絨毯など、さまざまな産地のトルコ絨毯を取り揃えて皆さまをお待ちしております。素晴らしいトルコの手織り絨毯を、手にして、いとおしむ時、これらの手織り絨毯が無名の、ほとんどは村の女性たちのしなやかな手で織り上げられたことを想像すると、きっと、あなたも感動を覚えることでしょう。

<トルコ手織り絨毯の歴史>

トルコ絨毯の特徴である、ダブルノット、絨毯の二重結びを生み出したのはトルコ民族で、その絨毯織りの技法は12世紀、セルジュクトルコ族の西への進出と共に地中海へ伝えられました。13世紀の旅行家「マルコ・ポーロ」も旅の途中アナトリアを通り、コンヤなどの宮殿やモスクに敷かれた素晴しい手織り絨毯を目にし、感嘆したことが「東方見聞録」にも記されています。

<トルコ絨毯のデザイン>
絨毯織りはデザインを決めることから始まります。熟練した絨毯の織り手がモチーフやパターンを決め、絨毯の結び目数の多い高級絨毯では図案が用意されます。方眼紙に描かれた絨毯のデザインは織り手が見やすいように、織り機の上部に掲げられます。トルコ絨毯の幾何学模様には多くのパターンありますが、動物、人物、植物を様式化したモチーフが絨毯の中にあしらわれることもあります。美しい草花を花園のようにいっぱい散らした絨毯の場合、絨毯のフレームにも植物モチーフで囲んで完全な絨毯の柄になります。絨毯のデザインで最も大切な要素はその均整で、絨毯のコーナーに歪みや不揃いがあってはなりません。「ミフラブ」デザインの絨毯では、その中や周りに他のデザインを施し、絨毯のボーダーにはアラビア文字が見られます。
<トルコ絨毯の素材について>
デザインの次に大切な要素は絨毯の素材です。絨毯の産地によって異なりますが、ウール(羊毛)、シルク(絹)、コットン(綿)あるいは、フロスシルクと呼ばれる絹綿があります。絹の産地は世界にも限られているのですが、「ブルサ」は長い間、絹糸生産センターとして、トルコ手織り高級絨毯の需要をまかなってきました。シルクの「ヘレケ」絨毯や「カイセリ」絨毯は敷物(カーペット)として、壁掛け(タペストリー)として、絹の絨毯の持つ輝きはまさに本物の美しさで他を圧倒します。遊牧民の間で羊の毛は絨毯の素材として、昔から使われてきました。広大なアナトリア高原で草を主食とする羊から取れるウールは丈夫で光沢があります。今でも、地方によっては、絨毯のための羊毛は手で紡がれています。繊維工業はトルコの主要産業の一つですが、それを支える綿花の生産も世界屈指のものです。絨毯の下地となる縦糸と横糸にコットンをはり、ウールの色糸をからませ結びつけた絨毯は他の素材のものに比べて一段と丈夫な絨毯になります。フロスシルクを使った絨毯は「カイセリ」でのみ織られています。フロスシルクの特徴は染色が容易なので、鮮やかな色彩の絨毯を織り上げることができます。
<トルコ絨毯の技法について>
絨毯の織り機は水平の横糸に縦糸を通すしくみです。この縦糸に図案を施した色糸をからませ絨毯の柄となる糸を結んでいきます。一目ごとにきっちりと結ばれた糸の端はハサミで切り揃えられ、絨毯の表面はまるで、ビロードのようです。このようにトルコの手織り絨毯は、一つ一つの糸を絡めて結んだ目が何千何万と集まって初めて美しい柄が浮き上がってくるわけです。結び目が堅いほど上等で強い絨毯となります。上等な絨毯が美術品の価値を持つといわれるのはそのためです。


<トルコのキリムについて>
〇年〇月〇日
 
 constantinople.jp
キリム、とはトルコ語で「平織り」を意味します。もともと、キリム<は遊牧民が移動生活の中で、テント、敷物、空間の仕切り、として使われてきた織物です。多くは、家族の間で、母から娘へキリムの染め方やキリムの織り方は伝えられています。キリムを織る作業は手仕事のため、世の中に同じキリムはありません。その点もキリムの大きな魅力の一つでしょう。草木染によるキリムの優しい色とキリムの素朴なデザインは19〜20世紀、産業革命による機会化が進む中で逆に欧米の人々はキリムに魅了されました。大きなキリムはタペストリーなどの壁飾り、やキリムをラグとして、リビングやダイニングの敷物に、また、小さなキリムラグは玄関マットとして、キリムは生活に彩りを与えてくれる素敵なインテリアとして注目されました。日本でも、部屋の敷物としてのキリムラグの人気は高まっています。「コンスタンチノープル」では、トルコ各地の草木染キリムを取り扱っております。おすすめはトルコ地中海地方で手織りされたウールのキリムです。このキリムの特徴はふさにビーズが付いていること。エーゲ海の美しい青も染められた気分が明るくなるキリムです。

<トルコのキリムの歴史>
絨毯(カーペット)は糸を結んで作る厚みのある敷物ですが、キリムは平織りで作られるため、絨毯に比べると、ずっと薄い織物です。キリムは紀元前より作られてきたようですが、持ち運びに便利で、保温製に優れた毛織物のキリムは、トルコの遊牧民の間で発達してきました。現在でも、トルコ国内では個性的なキリムが作られています。丈夫なキリムは時間と共に色に深みを増し、キリムとしての価値も高まります。アンティークキリムも取り揃えている「コンスタンチノープル」で草木染の優しい風合いを感じ取っていただければ、幸いです。

<トルコキリムのお手入れ方法>
敷物(キリムラグ)として、あるいは壁掛け(タペストリー)としても使われるキリムを美しく、しかも長持ちさせるためには、日頃のキリムのお手入れが大切です。ご家庭でのお手入れとして、掃除機でキリム表面のほこりや小さなゴミを吸い取ってください。湿気、油脂、害虫は毛織キリムの大敵です。万一、キリムを濡らしてしまったら、すぐに水気をふき取り、キリムを陰干しします。時には石鹸水を含ませた白い布などを固く絞って、一定方向からキリム全体を丁寧に拭いてください。この時、キリムを乾かすためにドライヤーを用いるのも効果的です。もし長い間、キリムを使わないときは防虫剤を多めに入れて布で巻き、キリムは乾燥した、暗い場所で保管しましょう。「コンスタンチノープル」では大切なキリムをいつもでも楽しんでいただくため、お求めになったキリムの定期的なクリーニングをおすすめしています。他店でお求めになったキリムラグでも、お気軽にご相談ください


<トルコ&ペルシャ絨毯販のサイト>
「コンスタンチノープル」は東京都大田区のペルシャ絨毯(じゅうたん)、トルコ絨毯、キリム、トルコ石(ターコイズ)アクセサリーの直輸入販売店。
取り扱い商品:ペルシャ絨毯(ウール、シルク)、ギャッベ絨毯、トルコ絨毯(ウール、シルク)、「ヘレケ」絨毯、「カイセリ」絨毯、「タシュプナル」絨毯、「ミラス」絨毯、「ヤージュベディル」絨毯、「ベルガマ」絨毯、「ドシェメアルトゥ」絨毯、「カルス」絨毯、トルコの草木染キリム。玄関マットから大型の絨毯まで。オーダーメイド、トルコから絨毯やキリムの取り寄せ、アンティーク絨毯、アンティークキリム、絨毯のクリーニングなど、お気軽にご相談ください。その他、トルコ石(ターコイズ)指輪、トルコ石(ターコイズ)ネックレス、トルコ石(ターコイズ)ブレスレット、トルコ石(ターコイズ)イアリング、トルコ石(整魂殉)ブローチ、ラピスラズリーアクセサリー、シルバーアクセサリー、トルコの銀製品(シルバーウエア)、カシミアショール、ストール、キリムのサンダル、キリムのハンドバック、イズニック産の絵皿とタイル、イズニック地方とキュタフヤの陶器、トルコの刺繍ベッドカバー、トルコの刺繍クッションカバー、トルコのレース、キリムのクッションカバー、トルコのオットマンランプ、卓上ランプ、メヴラーナ人形、などのインテリアも展示・販売中。目玉グッズ(お守り)やトルコ産オリーブの「オリプル」石鹸は評判が良く、大変おすすめです。
「コンスタンチノープル」へのアクセス:東急「大岡山」より徒歩3分。大岡山北口商店街、ファミリーマート手前。


最寄り駅:「大岡山」、「自由が丘」、「緑ヶ丘」、「都立大学」。その他、「田園調布」、「二子玉川」、「武蔵小杉」、「中目黒」、「恵比寿」、「目黒」、「品川」、「渋谷」からもアクセス良好。
家の新築、マンションの購入、リフォームの際には、「コンスタンチノープル」で、こだわりのインテリアとペルシャ絨毯を見つけてみませんか。wikipedia より 




トルコ絨毯&ペルシャ絨毯 キリム
2012年06月23日
 constantinople.jp

Before we begin to address the subject of kilim nomenclaturethere is one point to be clarified, mainly for those first entering the realm ofthe kilim,キリム、オリエンタル絨毯", in more accepted practice kilim rugs are in a class oftheir own, and it is then generally understood that the term "oriental rug"refers to pile rugs, a category which includes carpets.
The difference between a kilim area rug and a carpet or a pilerug is that whereas the design visible on the kilimキリム、絨毯 is made by interweaving thevariously colored wefts and warps, thus creating what is known as a flatweave,in a pile rug individual short strands of different color, usually of wool, areknotted onto the warps and held together by pressing the wefts tightly againsteach other. In this case the whole design is made by these separately knottedstrands which form the pile, and the patterns become clearly visible after anyexcessive lengths of the knotted materials are shorn off to create a levelsurface.

Having thus differentiated between a kilim rug キリム、絨毯 ラッグ(pileless) and acarpet 絨毯 カーペット(with pile) you might think that's all there's to it. Well, notquite.
All of you - all of us - interested in the subject have wandered thecyber byways and noticed that the seemingly simple matter of finding the properdefinition of a kilim rug キリム&ラッグ 絨毯 can lead to confusion. Let's take a look at 'kilim'キリム、絨毯entries in two online sources generally taken for granted as reliable, the キリム constantinople.jp entry reads: トルコ 絨毯 ペルシャ絨毯 
"Main Entry::constantinople.jp ホーム 絨毯
Etymology: Turkish, from PersiankilIm トルコ&ペルシャ キルム、絨毯
Meaning: A pileless handwoven reversible rug or coveringmade in Turkeyトルコ, the Caucasusコーカサス, Iran イラン, and western Turkestan"東トルコ

Well, are all kilim キリム、絨毯 rugs reversible リバーシブル? Hardly.
What aboutthose made in the Balkans バルカン or North Africa?
Is the etymology correct, does itcome from Persian ペルシャ, or is the Persian word "ペルシャpalaz"?

Kilim entry in Encyclopedia Britannica (online)reads:
"pileless floor covering フローリング handwoven ハンドメイド by tapestry タぺステリーtechniques テクニックinAnatolia アナトリア, the Balkans, バルカン orparts of Iran.ペルシャ イラン In the rest of Iranペルシャ イラン, the Caucasus, コーカサス andTurkistan,トルコメニスタン the name for similar pieces is palaz.In most kilims, キルム a slit occurswherever two colours meet along avertical line in the pattern, but in a fewKarabagh カラばー or SouthCaucasian 南コーカサス pieces, interlocking methods are employed inorderto minimize these slits.

The Turks トルコ have produced thelargest kilims, キリム usually intwonarrow pieces joined, as well assmall ones and a multitude of prayerkilims. プレっヤ キリム Asa prayer rug, プレっヤ 絨毯 which is carriedabout with the worshiper, the lightand extremelyflexible kilim offersobvious advantages. In Turkish kilims トルコ キリム&絨毯 cotton isoftenused for the white areas, andsmall details may be brocaded. The kilims キリム of thesouthern Balkans バルカン began as close copies of Anatolian アナトリアン types but havegraduallydeveloped into individual styles, such as the black, red, and whitekilims ofPirot. In Romania, ローメニア also, there are varied local fashions,progressively lessOriental in colour and pattern as the distance fromTurkey  トルコ increases. The namekilim is also given to a variety ofbrocaded, embroidered, warp-faced, and otherflat-woven rugs and bags."

Here again we question: Are kilim rugs just floor coverings?No, some are hangings, some are bench or divan covering, etc., etc. Once more atrusted source of information turns out to be at least a bit misleading.

There are other definitions to be found, some much lessaccurate, others quaint or curious, but their very profusion shows that more andmore people are interested in our favorite subject, the kilim. Not many yearsago the word 'kilim キリム' wasn't even listed in an English dictionary orencyclopedia! What's more, even today your computer spell-check tool probablydoesn't recognize kilimキリム、絨毯、ギャッべ、ギャベ、ペルシャ絨毯、トルコ絨毯 as a legitimate word. Don't worry, it is.

Having researched the matter in some detail in numerous sourceswe have arrived at the following definition:

Kilimキリム オリジン, a word of Turkish origin, denotes a pilelesstextile ofmany uses produced by one of several flatweaving techniques that haveacommon or closely related heritage and are practiced in the geographicalareathat includes parts of Turkey トルコ(Anatolia アナトリアand Thrace),North Africa アフリカ, the Balkansバルカン,the Caucasus コーカサス, Iran イラン ペルシャ, Afghanistan アフガニスタン, Pakistan パキスタン, Central Asia  中ォアジアand China. 中国

We believe this definition to be correct though incomplete,because, as all kilim キリム&絨毯 lovers know, no words can convey the romance of the kilim.We try to fill this void by providing in these pages as much detail as possibleabout the traditions, culture and heritage of kilim キリム、絨毯-making to make the romancelive - and we hope you enjoy it. wikipediaより



トルコとチューリップ

 4月のイスタンブールは、街中が、チューリップの花でいっぱいになります。

チューリップと言えば、オランダの花と思いがちですが、実は、トルコが原産で、トルコの国花なのです。愛や恋を語ることの多い花言葉は、オスマン朝では、男女の密かなコミュニケーションとして始まり、たくさんの球根ができるこで、子孫繁栄の花として尊ばれました。1600年頃、イスタンブール在住のオーストリア人が、古い友人の植物商カルロスに送ったのが、チューリップが ヨーロッパに渡った最初といわれています。カルロスはフランス人でしたが、その後、オランダに移住し、いろんな種類のチューリップを栽培して、大成功をおさめたそうです。チューリップはヨーロッパ貴族の間でも大流行し、世界中に広まっていきました。

愛の花;チューリップは、もちろん、オスマン帝国の皇帝たちに、代々愛され、いろんな種類の花とともに、ゼザイン化され、様々なところで、チューリップが使われるようになりました。モスクのタイル、陶器、ファブリック製品、アクセサリーなど、トルコでは、いたるところで、チューリップのゼザインをみかけます。

 キリムとトルコ絨毯、ペルシャ絨毯を中心に販売している、コンスタンチノープルでは、トルコ雑貨として愛の花”チューリップ製品も多数揃えています。

タイル、プレートコーヒーカップ、マグカップ、チャイグラス、クッションカバー、ベットカバー、マルチカバー、ペンダントトップ、パシュミナショールなど。

コンスタンチノープルは、東急目黒線、東急大井町線 大岡山駅より 徒歩3分、大岡山北口商店街にあります。


オスマントルコ 絨毯
編む研修会はHerekeヘレケの小さい海辺の町の1843年にIzmit イズミっトの湾のイスタンブールからの60キロメートル確立された。[20]それはまた絹のブロケードおよび他の織物を高貴な宮殿に供給した。 Herekeの帝国工場として知られていて、製造所は続いて織機を含むために拡大し綿織物を作り出す。 絹のブロケードそしてビロードはのためのおおい、家具製造販売業は「kamhaneとして」知られていた研修会で製造されただった。 1850では綿の織機はBakirkoyの工場に、イスタンブールの西で動き、百台のジャカード織機はHerekeに取付けられていた。 初期にオットマン宮殿のために専ら作り出された工場が生産が増加したので編まれたプロダクトKapalicarsiか壮大なバザーで利用できたが19世紀の後半で。 1878年に工場の火により多大な損害を引き起こし、1882年まで再開されなかった。 カーペットの生産は1891年にHerekeで始まり、巧妙なカーペットの織工はSivas、ManisaおよびLadikの有名なカーペットの編む中心から持って来られた。 絨毯は編まれたすべての手であり初期にオットマン宮殿のためにまたは訪問の政治家のためのギフトとして作ったあった。 Herekeの絨毯がイスタンブールの販売で行ったときに要求および、名声に会うために着実に増加した織機の数はヨーロッパにすぐに広がった。 すぐにHerekeの工場は多くの商業順序を受け取って、ビジネスは活気づいた。

Herekeの絨毯 良いweaveのために主に知られている。 絹の糸か良い毛糸および時折金、銀および綿の糸は生産で使用される。 宮殿のために作り出されたウールの絨毯は絹の絨毯 80-100の結び目を備えていたが、1平方センチメートルあたり60-65の結び目を備えていた。

今イスタンブールのTopkapiそして他の宮殿で表わされるHerekeの最も古い絨毯は、色々色および設計を含んでいる。 典型的な「宮殿絨毯」は複雑な花柄を、チューリップ、ヒナギク、カーネーション、クロッカス、ばら色、lilacを含んで、およびhyacinth特色にする。 それは頻繁にコーナーで四分の一円形浮彫りを有する。 Usakで、16世紀以来の西部のトルコで、なされた敷物で使用された円形浮彫りの構成はHerekeの工場で広く利用されていた。 これらの円形浮彫りは縦の軸線のポイントへの横の軸線そして先を細くすることで曲がる。 Herekeの祈り敷物は背景がmihrab (祈りのニッチ)の表示の内で設計すると同時に幾何学的なモチーフ、つるおよびランプのパターンを特色にする。 一度Herekeで編まれるカーペットもっぱらについて言葉「Herekeカーペット」の今同じような技術を使用して編まれる良質のカーペットを示す。 Herekeの絨毯は世界に編まれた絨毯の最も良く、最も貴重な例間に残る。wikipediaより


 セルチュック カーペット 絨毯
絨毯の作成の芸術の高いポイントはSeljukの期間の3世紀の間に達成されたが、不運にもSeljuq 「大きい帝国」と呼ばれる期間から存続の例が1037-1194年ない。 しかし、「Anatolian Seljuk アナトリア 期間」のからの存続の絨毯そして片、1243-1302年ある。 これらの部分は「Konyaとしてカーペットを敷く」示された、しかし、これは誤った名称である。 証拠のもとは3つの発見から来る: Konyaからのそれら、BeysehirからのそれらおよびFostatからのそれら。

これらのサンプルのほとんどの分解された状態にもかかわらず、信じられるずっとものがあると繋ぎ合せることは可能設計の一貫した開発の最初の表現および質である。 従ってこのグループは最初のグループより遅い期間の絨毯の前触れとして認識可能なトルコの絨毯の今日に至るまで電話することができる。

今日総Seljukのカーペットのコレクションは15が片である18部分から成っている。 これらの8つはKonya、Bey?ehirの3で見つけられ、7つはFostatからある。 イスタンブールのトルコおよびイスラム教の芸術の博物館に今あるグループの内の2つだけはかなり類似している。 様々な色およびモチーフを持っている他、すべては完全に独特である。 そのような変化はそれらを作り出した人側のかなりの創造的な潜在性の存在を示す。

要するに、Seljukのグループの調査は原型の設計が幾何学的設計に非常に様式化された花のモチーフの注入から得られた、ことを明らかにしKuficパターンから成っているボーダー構成から。 場合によっては、幾何学的な形態は列でモチーフの繰返しによって作成される。 1つがそれらをそれ自体識別できれば花のモチーフはただ様式化されている非常に抽象的で、確かに描写的な図である未知が。 これらの片の完全な検査は概括が各部分の独特で、思いがけない質にくずれなければならないことを明らかにするかもしれない。

13世紀のさかのぼるKonyaのAlaeddinのモスク前半で発見されるオリジナルのカーペットはSeljuk Anatoliaのプロダクト、その期間まで編むパイル・絨毯で開発を示す。 それらはまた何人かの専門家、すべてのポストSeljukのカーペットのためのプロトタイプによって、考慮されることを来た。 起源の細部は今でも推測の問題である。wikipediaより

 ギャッべ絨毯 カーペット
ギャッべのカーペット 絨毯
Gabbeh ギャッべ (ペルシャ語: の)カーペットは<絨毯>ペルシャ絨毯の従来の変化である。 Gabbeh ギャッべはクルドおよびLuriのGavaとして知られ、またBakhtiariのKhersak と呼ばれる。 Gabbeh ギャッべ色の開いた分野および幾何学のいたずら気分に頼る抽象的な設計によって特徴付けられる粗い質および中型のhand-woven山の敷物(90 x 150 cmかより大きい)。 このタイプの敷物はクルド、LuriおよびQashqaiの人々を含むイランのZagros山の人口間で普及している。[1] Gabbehは通常女性によって制作される。[1]
 
「Gabbeh」の絨毯 カーペットは他のペルシャ絨毯り大いに厚く、粗い; 時々それは1インチ多く詳細である。 実際は、それは絨毯より色々なkilim キリムの多くである。 単語「Gabbeh、ギャッべ」は、自然未加工、ペルシャの意味から切られていない来る。 これは荒く、原始カーペット、絨毯ですである。

Gabbeh ギャッべ パターンは装飾的な、主に動物に類似している大抵長方形の目的の限られた数だけを用いる非常に基本的な種類である。 Gabbeh ギャッべの通常明るい色では、黄色および赤いのような、使用される。 無地の大きい分野がGabbeh ギャッべの設計で使用されるが、色は雑色である(色は敷物中変わる)。

Gabbehs ギャッべシュは自然のhandspunの毛糸から成り、色すべては自然な植物の染料と作成される。 生産(より少なく精密なパターン、小さい数、1平方センチメートルあたり結び目の等)の相対的な容易さのためのGabbeギャッべはペルシャカーペット 絨毯の比較的安価の変化の1つである。

このごろパキスタンからの織工はペルシャのGabbehs ギャッべシュを作っている。 例えば、自然染まるそれらは作成パキスタンのBalochistan区域のGabbeh ギャッべの手回された敷物である。 パキスタンの隣人イランおよび分け前のBalochistanの地域ペルシャの言語か文化




キリムjapan きリム ジャパン kilim japan,ペルシャ絨毯 ペルシャjapan
キリム インテリア、インテリア キリム 大田区 キリム、キリム 大田区
目黒区 絨毯、トルコ絨毯 目黒区、constantinople コンスタンチノープル ペルシャ絨毯 大岡山 constantinople インテリアショップ
15分 <目黒、中目黒、蒲田、田園調布、自由が丘、白金台、渋谷品川、代官山 目黒 絨毯、絨毯 目黒から15分大岡山コンスタンチノープル、絨毯や目黒トルコ絨毯、トルコ絨毯 目黒にわ15分

 

ハーレムとはアラビア語のハラム(不可侵の空間)から派生した言葉

江戸時代の大奥と類似している。

オスマン帝国のハレムは、メフメット2世が、始めて建てた旧宮殿とトプカプ宮殿とに分かれていた。宮女たち全体と彼女らが、引きこもって暮らす部屋とを、同時に表す言葉である。スレイマン時代には、宮中にさまざまな中庭や部屋が作られ、迷宮化し始めた。黒人臣官が、警護に当たり、外部の者の接近を厳禁し、内部の秩序と規律を維持した。ハレムには、おびただしい女奴隷がいて、1603年には、266人に上がったという。ハレムに召されるのは、美しさで評判の処女奴隷に限られ、晴れがましいことだった。中には、スルタンへの贈り物として、捧げられた者や、戦利品として捕らえられた者もいたが、それ以外の女たちは、奴隷市場で購入された。彼女たちは、まず教育され、イスラムの基本教義を学び、次に音楽や美術、文芸などのたしなみを身につけ、非の打ちどころのない娘に育てられた。その全員が、スルタンのご籠を受けたわけではなく、教育がおわると持参金をもらい、官職についた青年と結婚するものもいた。初期のスルタンは、政治的な理由から、外国の王女と結婚した。15世紀以降、ハレムの中から、妾が選ばれるようになったが、結婚はしなかった。彼女たちは、スルタンの籠愛が、長続きするほど地位があがった。愛妾(4人の特権的な愛妾がいた)は、身ごもると、スルタンの母や家族が住む旧宮殿に移され、男の子が生まれると宮殿で育てられた。ハレムでもっとも権威があったのは、スルタンの母后で、その権威は自身かスルタンが死ぬまで続いた。愛妾たちは、外部との接触のない、嫉妬や陰謀の渦巻く中で、自分の息子をスルタンにするための戦いに身を投じたという。

   ペルシャ絨毯<カーペット> ヒストリー

*16世紀のトプカプ宮殿の台所では、600人の料理人がいて、ハレムの女たちは、凝った料理

や薔薇水と蜂蜜、ピスタチオで作った料理に目がなかった。

カーペットの編むことの芸術はAchaemenidの期間の間に500に、紀元前に遡る2500歳のPazyrykのカーペットのような証拠に従って古代時のイランに、あった。

ペルシャ絨毯 カーペットの存在の最初の文書化された証拠はSassanidの期間(224 - 641広告)に遡る中国のテキストから来た。

この芸術はペルシャのモンゴルの侵入までのイスラム教時代の前に上向き傾向を渡したこと範囲へのイランの歴史の様々な時代の多くの変更を経た。侵入の後で、芸術はTimuridおよびIlkhanidの王朝の間に再度育ち始めた。[1]

時が経つにつれて、カーペット、絨毯で、ウール、絹および綿を含んで使用された材料は腐る。 従って考古学者は考古学的な掘削の間に特に有用な発見をされない稀に。 カーペット<絨毯>編む証拠が何も多くよりではないので残った何が早い時から使い古したカーペットの少数の部分。 そのような片はペルシャのpure-Seljukの期間(第13そして14世紀の広告)のカーペット編む特徴の確認で非常

wikipediaより

I    islamic period


第8世紀A.D。 Azarbaijanの地域はイランで編む絨毯<カーペット>および荒いカーペット 絨毯(ziloo)の最も大きい中心間にあった。 税を支払うことのほかのTabarestan テブリズの地域は、バグダッドのcaliphsの裁判所に、600の絨毯、カーペットを毎年送った。 その当時、その地域から輸出された主要な項目は祈り(別名祈りマット)を言うための絨毯、カーペットおよび小さい絨毯、カーペットだった。 なお、Khorassan、SistanおよびBukharaの絨毯、カーペットは、顕著な設計およびモチーフのために購入者間の需要が高いに、あった。  

SeljuqおよびIlkhanateの王朝の統治の間の、絨毯、カーペットの編むことはまだ、北西イランで造ったモスクがすばらしいペルシャ絨毯、カーペットでタビリズTabrizでGhazan Khanが覆われたのは活気づくビジネス、そんなにだったからである。 ヒツジは特に編む絨毯、カーペットのための良いウールを作り出すために繁殖した。 Timurid時代に属するミニチュア絵画によって描写されるカーペットの設計はこの企業の開発に証拠をその当時貸す。 また絨毯、カーペットの編むプロセスを描写するその空き時間のもう一つのミニチュア絵画がある。

その時代の間に染まる中心は絨毯、カーペットの編む織機の隣でセットアップされた。 企業はモンゴルの軍隊によってイランの攻撃まで繁栄し始めた。

この期間からの最も有名な絨毯、ペルシャ絨毯、ペルシャカーペットは実際は今では2つのオリジナルの絨毯、カーペットの組合せのロスアンジェルスの第2からの別の部分が付いているロンドンのアルバートビクトリアそして博物館のArdabilの絨毯、カーペットとして、知られているSafavidの大きい(1501-1736年の)例である。[21]これは持っていてである小さいから完全なスケールまで及ぶ無限のコピーの主題。 10時ダウニング街に「Ardabil」があり、均一なHitlerにベルリンの彼のオフィスで「Ardabil」があった。[22] [23]絨毯、カーペットは日付がついた銘刻文字に従って1539-40年に編まれた。 基礎は1平方インチ(1平方メートルあたり465-542千の結び目)あたり300-350の結び目の結び目密度のウールの絹そして山である。 両方の絨毯、カーペットの原寸は171?2フィートによって341?2行った(5.3メートル10.5)。[24]ロスアンジェルス郡美術館はまたビクトリア及びそこのアルバート博物館が

第16そして17世紀の古典的なペルシャ絨毯、カーペット間の多くの変化であることを見る。 TabrizおよびLavar Kermanのようなこの期間のペルシャ絨毯、カーペットに特有な設計を貢献する多数の小区域がある。 共通のモチーフは動物および人間よりもむしろスクローリングツルネットワーク、アラベスク、palmettes、雲バンド、円形浮彫りおよび重複の幾何学的なコンパートメントを含んでいる。 Figural設計はイランの市場で特に普及して、西に輸出されるカーペットの公有地としてほぼない wikipediaより

   ペルシャのモダーン絨毯、カーペット

絨毯の、カーペットの生産が今大抵機械化されるが、従来の手によって編まれる絨毯、カーペットにまだ世界中に広く完全にあり、通常功妙な提示であるそれらのために機械によって編まれる同等より高い値段がある。 イランは2002年に手によって編まれた絨毯、カーペットの$517百万価値を輸出した。イランの絨毯、カーペットの輸出高は国有のイランCarpet Companyからの図に従って2005年にUS$635百万に、なった。 ほとんどは最高のhand-wovenプロダクトである。 2007年10月では、国民のイランの絨毯、カーペットの中心はhand-woven絨毯、カーペットが国の石油以外の輸出高で最初にランク付けした明らかにし、全面的な輸出高間の第3位置をことを保持する。 ほぼ5,000,000人の労働者は国の最も大きい企業のそれに1つをするイランの絨毯、カーペット工業で従事している。

本物のより安い代理、また先頃イランの絨毯、カーペットは他の国から激しい競争の下に来元のイランの設計の偽造品を作り出す。 この伝統芸術に直面するローカル市場の原料の減らされた質および元の設計パターンの一貫した損失、またプロダクトの特許を取り、決め付けることの不在のために問題のほとんどはそうなったものである。 現代R & Dの不在によりこの芸術の市価と同様、サイズで急速な低下を引き起こしている。[25]  

1つの例を与えるためには、「オーマン国のマスカットのサルタンのQaboosの壮大なモスクの驚異のカーペットは」 4,343平方メートルを測定する。 その構造は仕事の12,000,000の人時間に終って600人の労働者によって4年間の労働を、要求した wikipediaより

<ペルシャ絨毯 タブリズ>

イラン、ペルシャTabrizタブリズの敷物か絨毯、カーペットはペルシャ絨毯、カーペットの一般的な部門のタイプであるTabriz タブリズ市から、イラン ペルシャの西の北のAzarbaijanの東の地域の首都。 最も古い敷物の編む中心の1時、タイプの絨毯、カーペットの巨大な多様性を作る。 範囲はバザーの質で110 rajまでの24のraj (敷物の幅の7 cmの長さごとの結び目の数)のそして非常にうまく始まる。 Rajは敷物の基礎のために使用したかひもの数に基づいてどれを結び目密度(の単位敷物の適性を示すである。 ひも材料は通常非常に良い敷物のために使用される)絹か綿から成っている。

Tabriz タブリズにfigural、画像の、および3d定形敷物に円形浮彫りからの設計の最も多様な表示の1つ、Herati/Mahiが、ある。

Tabriz、タブリズの主要な生産者は今日下記のものを含んでいる: Tabriz タブリズ、、Galibafi Nassadji Tabriz、タブリズ、およびMiriの兄弟のAlabaf。

Tabriz、タブリズはイラン ペルシャおよびずっと世界の中心を作る大きく、世界的で有名な絨毯、カーペットである。 それは開発の重要な役割を装飾的なおよび応用芸術の豊富な伝統担った。

Tabrizの絨毯、カーペットの芸術は第12第16世紀の天頂にあった。 14世紀の古典的なか「金」期間の約200のTabrizの学校の傑作は芸術家および、絨毯 カーペットの織工が示す技能の高レベルによってミニチュア絵画そして、編むことの芸術の調和的な併合によって特徴付けられる。

Tabrizの学校は2人の小群に分けることができる: TabrizおよびArdabil。wikipediaより

最寄り駅:「大岡山」、「自由が丘」、「緑ヶ丘」、「都立大学」。その他、「田園調布」、「二子玉川」、「武蔵小杉」、「中目黒」、「恵比寿」、「目黒」、「品川」、「渋谷」からもアクセス良好。
家の新築、マンションの購入、リフォームの際には、「コンスタンチノープル」で、こだわりのインテリアとペルシャ絨毯を見つけてみませんか。尾山台 絨毯、 尾山台 キリム、尾山台 インテリア、尾山台 ペルシャ絨毯、キリム 尾山台、ペルシャ絨毯 尾山台、トルコ絨毯、尾山台 トルコキリム、

二子玉川 ペルシャ絨毯、ペルシャ絨毯 二子玉川 絨毯、トルコ絨毯 二子玉川 絨毯、二子玉川 絨毯 トルコキリム

イスタンブールのモスク スルタンアフマッドモスク中のインテリア

低レベルとあらゆる桟橋で、モスクの内部は50以上のチューリップの設計のIznik (古代Nicaea)でなされる20,000以上のハンドメイドのセラミックタイルによって並ぶ。 低レベルのタイルはギャラリーのレベルで設計は花、フルーツおよびスギの表示と火炎式になるが、設計で従来である。 20,000枚以上のタイルはAvanos (Cappadocia)からIznikのマスターの陶工の管理の下にKasap HaciおよびBaris Efendiなされた。 各タイルの支払われるべき価格はサルタンの法令によって一般にタイルの価格はそのうちに増加したが、固定された。 その結果、建物で使用されたタイルの質は次第に減った。 色は衰退し、変えられて(青い、まだらにされた白に茶色および緑に赤い回転)および艶出しは鈍くなった。 背部バルコニーの壁のタイルは1574年に火によって傷ついたときに、Topkapi宮殿のharemからのリサイクルされたタイルである。

内部の上段は青いペンキによって支配される。 複雑な設計の200以上のステンドグラスの窓は今日シャンデリアによって助けられる自然光を、是認する。 シャンデリアに、モスクの中のクモの巣を避けるためにくもの撃退によって意味されただちょうの卵はある。[2]装飾はQur'an<コーラン>からの詩を、見なされるSeyyid Kasim Gubariがなすそのほとんどように彼の時間のすばらしい書家含んでいる。 床は忠実な人々によって寄付され、規則的に取り替えられるカーペットで身に着けていると同時に覆われる。 多くの広い窓は広い印象相談する。 床のレベルの開き窓はsectile傑作と飾られる。 各exedraにいくつかが盲目である5つの窓がある。 各半ドームに(4によってが盲目である)中央ドーム28および14の窓ある。 窓のための着色されたガラスはサルタンへベニスのSignoriaのギフトだった。 これらの着色された窓のほとんどは功妙な利点がほとんどない現代版と今ごろはもう取替えられた。

モスクの内部には重要な要素はそれの上のstalactiteのニッチそして二重inscriptiveパネルが付いている精巧に切り分けられ、彫られた大理石から、成っているmihrabである。 隣接した壁はセラミックタイルでおおわれる。 しかしそれのまわりの多くの窓はそれに一見の超大作をより少なくする。 mihrabの右へ豊富に飾られたminber、または彼が金曜日または聖日の正午の祈りの時に彼の説教を提供しているとイマームが立つ講壇はある。 モスクは最も混雑させるにある時でさえ、モスクの皆がイマームに会い、聞くことができるように設計されていた。高貴なキオスクは南東のコーナーに置かれる。 それはプラットホーム、loggiaおよび2つの小さく内気な部屋から成り立つ。 それはモスクの南東の上部のギャラリーの高貴なlogeへのアクセスを与える。 これらの内気な部屋は1826年に反抗的なJanissary隊の抑制の間に壮大な宰相の本部になった。wikipediaより。アラブ、トルコ、ペルシャ絨毯 キリム インテリア なら 大岡山にある コンスタンチノープルにぜひ寄ってください。自由が丘 ペルシャ絨毯 トルコ絨毯&キリム、中目黒 ペルシャ絨毯 中目黒 トルコ絨毯,キリム、代官山 ペルシャ絨毯 代官山トルコ絨毯 尾山台 ペルシャ絨毯 尾山台 トルコ絨毯、キリム 二子玉川 ペルシャ絨毯、二子玉川 トルコ絨毯、キリム

  自由が丘 ペルシャ絨毯、トルコ絨毯、キリム、インテリア

jiyugaoka 自由が丘はToyoko東横線ラインおよびお井町線 ラインが横断するjiyugaoka 自由が丘の場所を囲む区域から成っている。 自由が丘 自体はMeguro 目黒の区の南端にあるが、商業および住宅区域は近隣のOkusawa 奥沢(奥沢か。)に伸びる従ってSetagaya 世田谷の区の区域、それは頻繁に1つの商業およびresidencial区域として考慮される。

洋品店、zakka 雑貨 絨毯、キリム、ペルシャ絨毯、トルコ絨毯、タイル、インテリアの店およびレストランの多くの数がある。 自由が丘は頻繁にほしかった場所の1として東京に住むと考慮される。[1]区域に自身の新聞が1919年に遡ることをある。[2]

イスラムで 絨毯、ペルシャ絨毯、トルコ絨毯

イスラム教の功妙なプロダクトは一般には東洋のカーペット、ギャッべ、絨毯 (東洋の敷物)と言われるパイル・カーペット、ギャッべ、絨毯よりイスラム教の世界の外でもっとよく知られているように、ならなかった。 多様性は毎日のイスラム教およびイスラム教の生命に、床の敷物から建築強化への、クッションからボルスタ袋へのおよびすべての形およびサイズの袋への、そして宗教目的に利用される(祈るためにきれいな場所を提供する)祈り敷物のような。 それらは床だけ長く覆うのに使用される遅い中間年齢以来の他の区域へ主要な輸出今ではネザーランドのだけ公有地の広まったヨーロッパ練習のためのテーブルを、だったが。 カーペット、ギャッべ、絨毯、キリムの編むことはイスラム教の社会の金持ちそして深く埋め込まれた伝統であり、練習はおよび遊牧的な野営と同様、田園コミュニティの大都市の工場で見られる。 より早い期間では、特別な確立および研修会は裁判所の後援の下で直接作用した存在にあった。

非常に早いイスラム教のカーペット、ギャッべ絨毯、キリムは西で16世紀の前に意味する極めて稀、全く多く存続したであり、ヨーロッパからのルネサンスの絵画の東洋のカーペット、ギャッべ、ペルシャ&トルコ絨毯、キリムは正確に塗られた貴重な輸入高だったので、それらの主要な資料源である。[20]作り出すべき直線および端からカーペット、ギャッべ、ペルシャ絨毯、トルコ絨毯、キリムの織工のための最も自然で、最も容易な設計は成り、絵画で存続するか、または示されているべき最も早いイスラム教のカーペット、ギャッべ、ペルシャ絨毯、トルコ絨毯、キリムはこのように作られる非常に様式化された動物の幾何学的設計、か中心を備えている。 アラベスクの流れるループそしてカーブがイスラム教の芸術に中央であるので、これら二つの様式間の相互作用そして張力は長かったカーペット、ギャッべ、ペルシャ絨毯、トルコ絨毯、キリムの設計の主要な機能。

八角形のroundelsそして星の複雑なパターンが、ちょうど少数の色で視聴者の前に、微かに光るフィレンツェのPitti宮殿のアチックで発見される新しい1つを含む壮大なエジプト人の16世紀のカーペット,ギャッべ、絨毯&キリムのほとんど少数の存続が、ある。[21]カーペット、絨毯&キリムのこの様式の生産はMamluksの下でオットマンがエジプトを征服した後始まったが、続いた。[22]他の洗練された伝統は第16のピークおよびArdabilのカーペットおよび即位のカーペット、ギャッべ、絨毯&キリムのような仕事の早い17世紀に達したペルシャカーペット、ギャッべ、ペルシャ絨毯、キリムだった; 今世紀の間にオットマンおよびMughal裁判所はまた一般的なペルシャの伝統で最も最近の裁判所様式に使用されたデザイナーの介入を用いる大きく形式的なカーペット、ギャッべ、絨毯、キリムの範囲の作成を、明らかに後援し始めた。 これらは大きい中央gulのモチーフのと常に広くのnon-figurativeイスラム教の照明そして他の媒体と、頻繁にそして強く共有される設計様式を境界を定められたボーダー使用する。 ただ豊かのと輸出のためのより小さいカーペット、ギャッべ、絨毯、キリムに広がる裁判所によって愛顧される研修会の壮大な設計および第16そして17世紀のそれらの近くの設計はまだ大きな割で今日作り出される。 より古いカーペット絨毯、キリム、ギャッべ、の記述はラベルとしてカーペット、ギャッべ、絨毯、キリム作成中心の名前を使用しがちであるその中心のまわりでから起きたというあらゆる実際の証拠よりもむしろ設計から頻繁に得られて持っているが。 研究は設計が伝統的にと関連付けられる、多くのカーペット、ギャッべ、絨毯、キリムの起源は明白でなく残る中心に決して常に制限されなかったこと明白になり 主要なペルシャの、トルコおよびアラビアの中心と同様、カーペット,ギャッべ、絨毯、キリムはまた中央アジアを渡って、インドで、そしてスペインおよびバルカン半島でなされた。 紋章付き外衣を含むために時々典型的なイスラム教パターンを中断したスペインのカーペット、絨毯、キリムはヨーロッパの高い威信を、楽しみ皇族によってそして教皇宮殿、AvignonおよびReconquistaの後で続いた企業のために依託される。[23]アルメニアにカーペット編むことは多くの早い源によって述べられ、東にトルコおよびコーカサス地方の生産の大いに大きい割合をより伝統的に考えた占めるかもしれない。 北アフリカのベルベルのカーペット、絨毯、キリムに明瞭な設計伝統がある。 市場にカーペット、絨毯、キリムを遠くに運ぶかもしれない交換ネットワークと接触して都市研修会のプロダクトから離れた、また大きく、広まった村そして遊牧的な企業があり従来のローカル設計絨毯、キリムに近い方にとどまった仕事を作り出す。 パイル・カーペット、ギャッべ、絨毯、キリムと同様、kelims、キリムそして他のタイプはの床および壁両方の使用のために織物を作り出された、平ら編むか、または刺繍した。 大きい人間図との比ゆ的な設計は、時々、イスラム教の国で非常に普及していないが、概要の設計が一般に市場が期待するものである西に比較的稀に輸出される、

コンスタンチノープル」へのアクセス:東急「大岡山」より徒歩3分。大岡山北口商店街、ファミリーマート手前。

最寄り駅:「大岡山」、「自由が丘」、「緑ヶ丘」、「都立大学」。その他、「田園調布」、「二子玉川」、「武蔵小杉」、「中目黒」、「恵比寿」、「目黒」、「品川」、「渋谷」からもアクセス良好。
家の新築、マンションの購入、リフォームの際には、「コンスタンチノープル」で、こだわりのインテリアとペルシャ絨毯を見つけてみませんか, 二子玉川 ペルシャ絨毯、二子玉川 トルコ絨毯、キリム

大岡山 コンスタンチノープル 北口商店街

ペルシャ絨毯&キリム 二子玉川 大岡山 自由が丘 
ペルシャ絨毯、キリム、カーペット(中間のペルシャ語: bcb、[1人の]ペルシャ語: 」広がることを「意味する???のfarsh; 時々????のq?li) [2]ペルシャの芸術および文化の必須の部分である。 カーペット、絨毯、キリム編むことはペルシャ文化および芸術の最も顕著な明示の確実に1つ、古代ペルシャに遡る。 2008年に、イランのhand-woven、ハンドメイド 絨毯、キリム、カーペットの輸出高は世界市場の$420,000,000または30%だった。[3] [4]イランの1.2百万人の織工の推定人口があり国内市場および国際的な輸出のためのカーペットを作り出す。[5]イランは100ヶ国以上にhand-woven敷物が主要な石油以外の輸出項目の1つであるので、カーペット、ペルシャ絨毯を輸出する。 国は国際市場で販売されるカーペット、ペルシャ絨毯 annually-80のパーセントの約5,000,000平方メートルを作り出す。[6]より安い代理、また先頃イランのペルシャ絨毯、カーペットは他の国から激しい競争の下に来元のイランの設計の再生を作り出す。[6]
 
イランのペルシャ絨毯、カーペットの設計は他の国からの織工によってまたコピーされる。 イランはまた世界でハンドメイドのペルシャ絨毯、キリム、カーペットの最も大きい生産者そして輸出業者であり、世界の合計出力の4分の3を作り出す。[7] [8] [9]しかし先頃、この古代伝統はmachine-madeプロダクトから堅い競争の下に来た。[10]イランはまた60,546平方フィート(5,624.9平方メートル)を測定する歴史の最も大きいハンドメイドのペルシャ絨毯、キリム、カーペットのメーカーである。[11] [12][13の]
 
ペルシャ絨毯、ペルシャカーペットは3グループに分けることができる;Farsh/Q?li (以上6×4フィート何でも大きさで分類される)、Q?licheh (6×4フィートおよびより小さい大きさで分類される「小さい敷物」を意味する??????)、およびGelim (????として知られている遊牧的なカーペット;「荒いカーペット」を意味する???? Ziluを含んで)。[2]この使用では、Gelimは山の両方敷物を含み、きっかり編む<キリム、スマック>(kilimおよびsoumakのような)。wikipediaより
HISTORY ペルシャ絨毯のヒストリー
カーペット ペルシャ絨毯の編むことの芸術はAchaemenidの期間の間に500に、紀元前に遡る2500歳のPazyrykのカーペット ペルシャ絨毯のような証拠に従って古代時のイランに、あった。

ペルシャカーペットの存在の最初の文書化された証拠はSassanidの期間(224 - 641広告)に遡る中国のテキストから来た。

この芸術はペルシャのモンゴルの侵入までのイスラム教時代の前に上向き傾向を渡したこと範囲へのイランの歴史の様々な時代の多くの変更を経た。 侵入の後で、芸術はTimuridおよびIlkhanidの王朝の間に再度育ち始めた。[1]
 
時が経つにつれて、カーペット、ペルシャ絨毯で、ウール、絹および綿を含んで使用された材料は腐る。 従って考古学者は考古学的な掘削の間に特に有用な発見をされない稀に。 カーペット、ペルシャ絨毯 編む証拠が何も多くよりではないので残った何が早い時から使い古したカーペット、ペルシャ絨毯の少数の部分。 そのような片はペルシャのpre-Seljukの期間(第13そして14世紀の広告)のカーペット、ペルシャ絨毯編む特徴の確認で非常に助けない。
大田区キリム 大岡山インテリア
大田区インテリア 大田区ぺルシャ絨毯 03-3718-0211大田区ぺルシャ絨毯
じゅたん 目黒区ぺルシャ絨毯
トルコ石 アクセサリー ヘレケ絨毯 トルコキリム トルコ絨毯
キリムアナトリア インテリアキリ
田園調布 絨毯 インテリア 田園調布 目黒 絨毯、絨毯 目黒、目黒 キリム、キリム 目黒、田園調布 ソファーカバー  
尾山台 絨毯 二子玉川 ペルシャ絨毯、絨毯 尾山台 キリム、尾山台 インテリア、尾山台 ペルシャ絨毯、キリム 尾山台、ペルシャ絨毯 尾山台、トルコ絨毯 尾山台、トルコキリム ハッピーロード 尾山台、尾山台 絨毯、 尾山台 キリム、尾山台 インテリア、尾山台 ペルシャカーペット毯から 大岡山コン尾山台 絨毯 目黒にわ15分
尾山台5分絨毯、キリム、尾山台ハッピーロード トルコタイル絨

カーペットの生産が

今大抵機械化されるが ルーバー博物館の現代期間のペルシャカーペット,ペルシャ絨毯、キリムにまだ世界中に、従来の手によって編まれるカーペット、ペルシャ絨毯、キリム広く完全にあり、通常功妙な提示であるそれらのために機械によって編まれる同等より高い値段がある。 イランは2002年に手によって編まれたカーペット、ペルシャ絨毯の$517百万価値を輸出した。 イランのカーペット、ペルシャ絨毯、キリムの輸出高は国有のイランCarpet Companyペルシャ絨毯からの図に従って2005年にUS$635百万に、なった。 ほとんどは最高のhand-wovenハンドメイド プロダクトである。 2007年10月では、国民のイランのカーペット、ペルシャ絨毯の中心はhand-wovenカーペット、ハンドメイド ペルシャ絨毯が国の石油以外の輸出高で最初にランク付けした明らかにし、全面的な輸出高間の第3位置をことを保持する。 ほぼ5,000,000人の労働者は国の最も大きい企業のそれに1つをするイランのカーペット、ペルシャ絨毯、キリム工業で従事している。

本物のより安い代理、また先頃イランのカーペット、ペルシャ絨毯、キリムは他の国から激しい競争の下に来元のイランの設計の偽造品を作り出す。 この伝統芸術に直面するローカル市場の原料の減らされた質および元の設計パターンの一貫した損失、またプロダクトの特許を取り、決め付けることの不在のために問題のほとんどはそうなったものである。 現代R & Dの不在によりこの芸術の市価と同様、サイズで急速な低下を引き起こしている。[25]  ペルシャ絨毯日本では 大岡山にある ペルシャ絨毯の店 コンスタンチノープルにぜひ行ってください」、お井町線の二子玉川駅から5分 <ペルシャ絨毯> 尾山台駅から5分 <ペルシャ絨毯>、田園調布駅から5分 <ペルシャ絨毯>、自由が丘駅から5分 <ペルシャ絨毯>、中目黒駅から10分、目黒駅から15分 <ペルシャ絨毯>、代官山駅から15分 <ペルシャ絨毯>、大岡山駅から2分ペルシャ絨毯

1つの例を与えるためには、「オーマン国のマスカットのサルタンのQaboosの壮大なモスクの驚異のカーペットは」 4,343平方メートルを測定する。 その構造は仕事の12,000,000の人時間に終って600人の労働者によって4年間の労働を、要求した。トルコペルシャの誇る芸術品といえば、カーペット・絨毯が上げられてる。中国の段通やペルシャ絨毯(現在のイランiran)が世界的に有名ですが、トルコ絨毯はそれらに勝るとも劣らなく最高峰といっていいとと思います。少なくとも値段的には最高峰です。素材は100%ウールから100%シルクまでさまざまです。100%シルクの名門による絨毯は何百万円もして一家の財産として扱われています。cinar チナルシルク絨毯トルコのトップクラス絨毯です

 


次へ