CONSTANTINOPLE

<ペルシャ絨毯買い取り・下取り>

ご自宅に使っていないシルクペルシャ絨毯、ヘレケなどシルクのトルコ絨毯やキリムはありませんか。ご遠方の方もご相談ください。TEL:03-3718-0211

  ベッドカバー トルコ


  テーブルランナー トルコ


  ランチョンマット トルコ


  クッションカバー トルコ





ペルシャ絨毯

トルコ絨毯



トルコ&ペルシャシルク絨毯
     

Constantinople blog


東京都大田区 トルコ絨毯、ヘレケシルク絨毯ペルシャ絨毯、イラン絨毯 買い取り,目黒区、トルコ絨毯、ペルシャ絨毯、イラン絨毯 買い取り
品川区 トルコ絨毯、ペルシャ絨毯、イラン絨毯 買い取り、世田谷区トルコ絨毯 ヘレケシルク絨、ペルシャ絨毯、イラン絨毯 買い取り、渋谷区ヘレケシルク絨トルコ絨毯、ペルシャ絨毯、イラン絨毯 買い取り、港区 トルコ絨毯、ペルシャ絨毯、イラン絨毯 買い取り
2012-06-21
 シルクトルコヘレケシルク絨毯トルコヘレケシルク - シルクで作られたシルクトルコヘレケシルク絨毯トルコヘレケシルクカーペットは、その種の最も豪華な作品です。シルク絨毯は、17世紀までそこに証明されていないものの、絹繊維生産は、中国で始まりました。シルクトルコヘレケシルク絨毯トルコヘレケシルクシルク織物製造はよく(三七世紀)にササン朝時代によってペルシャに設立されました。したがって、この期間のペルシャ人や初期イスラム時代のものを生産ラグシルクを適応しているために可能だったでしょう。しかし、それは中国やイスラム東洋シルクトルコヘレケシルク絨毯トルコヘレケシルクシルクカーペット買取りの製造を開始したかどうか、これまで不明です。いずれにしても、現存最古のすべての絹の敷物はサファヴィー朝時代のペルシア語の作品は、実際にあります。生産地域 - - ペルシャ、トルコ、トルキスタン、チベット、買取り中国最終的には、全てまたは一部の絹の建設とラグは、事実上すべての東洋の敷物になされるようになりました。最高の例では、杭それでも基礎(緯糸と経糸縞)だけではなくシルクで作られています。シルクの敷物はなく、それらの色の品質の、ためだけでなく細かい質感と山の反射、発光特性の豪華な。シルクは、染料でも最高級の羊毛によって一致することはできません豊かさと強度を達成することができます。

シルクは、信じられないほど薄く、驚くほど強い魔法の繊維です。絹のハイライトは、華やかなデザインに定義を追加するために使用される場合であっても、カーペットまたは織物の顔色を完全に変更することができます。シルクトルコヘレケシルク絨毯トルコヘレケシルク買取りシルクの敷物及び織物の手は豊かで豪華です。これらの特性は、光は、ファイバのプリズム構造によって反射された色の明度にマッチしています。シルクは、しなやかな、まだ非常に耐久性があります。商品としては、世界で最も有名な貿易ルートを構築し、不滅の伝説を作成しました。今日では、シルクは、まだ究極の贅沢繊維です。絹の本源的価値と美しさは、人に知られている他のすべての天然および合成繊維を光っする運命にあります。

コンスタンチンオープル
〇年〇月〇日
YENI ISLE BURAYA

 


トルコ
2012-06-21
  YENI ISLE BURAYA
 

<トルコ手織り絨毯について>
YENI ISLE BURAYA 

constantinople.jp

  YENI ISLE BURAYA

 


<トルコのキリムについて>

 
 constantinople.jp
 


YENI EKLE BURAYA
YENI EKLE BURAYA

YENI EKLE BURAYA


トルコ絨毯&ペルシャ絨毯 キリム
2012年06月23日
トルコシルク絨毯ペルシャシルク絨毯、トルコキリム、ペルシャキルム
 constantinople.jp

・絨毯見積もり無料
・絨毯査定無料
・その場で絨毯を現金で買い取り

ご遠方の方もご相談ください。

品川区トルコシルク絨毯買取り,
トルコ目黒区、大田区、渋谷区、絨毯 
トルコシルク絨毯買取り
ペルシャシルク絨毯 買取り
TEL:03-3718-0211



トルコとチューリップ

 4月のイスタンブールは、街中が、チューリップの花でいっぱいになります。

チューリップと言えば、オランダの花と思いがちですが、実は、トルコが原産で、トルコの国花なのです。愛や恋を語ることの多い花言葉は、オスマン朝では、男女の密かなコミュニケーションとして始まり、たくさんの球根ができるこで、子孫繁栄の花として尊ばれました。1600年頃、イスタンブール在住のオーストリア人が、古い友人の植物商カルロスに送ったのが、チューリップが ヨーロッパに渡った最初といわれています。カルロスはフランス人でしたが、その後、オランダに移住し、いろんな種類のチューリップを栽培して、大成功をおさめたそうです。チューリップはヨーロッパ貴族の間でも大流行し、世界中に広まっていきました。

愛の花;チューリップは、もちろん、オスマン帝国の皇帝たちに、代々愛され、いろんな種類の花とともに、ゼザイン化され、様々なところで、チューリップが使われるようになりました。モスクのタイル、陶器、ファブリック製品、アクセサリーなど、トルコでは、いたるところで、チューリップのゼザインをみかけます。

 キリムとトルコ絨毯、ペルシャ絨毯を中心に販売している、コンスタンチノープルでは、トルコ雑貨として愛の花”チューリップ製品も多数揃えています。

タイル、プレートコーヒーカップ、マグカップ、チャイグラス、クッションカバー、ベットカバー、マルチカバー、ペンダントトップ、パシュミナショールなど。

コンスタンチノープルは、東急目黒線、東急大井町線 大岡山駅より 徒歩3分、大岡山北口商店街にあります。


オスマントルコ 絨毯
編む研修会はHerekeヘレケの小さい海辺の町の1843年にIzmit イズミっトの湾のイスタンブールからの60キロメートル確立された。[20]それはまた絹のブロケードおよび他の織物を高貴な宮殿に供給した。 Herekeの帝国工場として知られていて、製造所は続いて織機を含むために拡大し綿織物を作り出す。 絹のブロケードそしてビロードはのためのおおい、家具製造販売業は「kamhaneとして」知られていた研修会で製造されただった。 1850では綿の織機はBakirkoyの工場に、イスタンブールの西で動き、百台のジャカード織機はHerekeに取付けられていた。 初期にオットマン宮殿のために専ら作り出された工場が生産が増加したので編まれたプロダクトKapalicarsiか壮大なバザーで利用できたが19世紀の後半で。 1878年に工場の火により多大な損害を引き起こし、1882年まで再開されなかった。 カーペットの生産は1891年にHerekeで始まり、巧妙なカーペットの織工はSivas、ManisaおよびLadikの有名なカーペットの編む中心から持って来られた。 絨毯は編まれたすべての手であり初期にオットマン宮殿のためにまたは訪問の政治家のためのギフトとして作ったあった。 Herekeの絨毯がイスタンブールの販売で行ったときに要求および、名声に会うために着実に増加した織機の数はヨーロッパにすぐに広がった。 すぐにHerekeの工場は多くの商業順序を受け取って、ビジネスは活気づいた。

Herekeの絨毯 良いweaveのために主に知られている。 絹の糸か良い毛糸および時折金、銀および綿の糸は生産で使用される。 宮殿のために作り出されたウールの絨毯は絹の絨毯 80-100の結び目を備えていたが、1平方センチメートルあたり60-65の結び目を備えていた。

今イスタンブールのTopkapiそして他の宮殿で表わされるHerekeの最も古い絨毯は、色々色および設計を含んでいる。 典型的な「宮殿絨毯」は複雑な花柄を、チューリップ、ヒナギク、カーネーション、クロッカス、ばら色、lilacを含んで、およびhyacinth特色にする。 それは頻繁にコーナーで四分の一円形浮彫りを有する。 Usakで、16世紀以来の西部のトルコで、なされた敷物で使用された円形浮彫りの構成はHerekeの工場で広く利用されていた。 これらの円形浮彫りは縦の軸線のポイントへの横の軸線そして先を細くすることで曲がる。 Herekeの祈り敷物は背景がmihrab (祈りのニッチ)の表示の内で設計すると同時に幾何学的なモチーフ、つるおよびランプのパターンを特色にする。 一度Herekeで編まれるカーペットもっぱらについて言葉「Herekeカーペット」の今同じような技術を使用して編まれる良質のカーペットを示す。 Herekeの絨毯は世界に編まれた絨毯の最も良く、最も貴重な例間に残る。wikipediaより


 セルチュック カーペット 絨毯
絨毯の作成の芸術の高いポイントはSeljukの期間の3世紀の間に達成されたが、不運にもSeljuq 「大きい帝国」と呼ばれる期間から存続の例が1037-1194年ない。 しかし、「Anatolian Seljuk アナトリア 期間」のからの存続の絨毯そして片、1243-1302年ある。 これらの部分は「Konyaとしてカーペットを敷く」示された、しかし、これは誤った名称である。 証拠のもとは3つの発見から来る: Konyaからのそれら、BeysehirからのそれらおよびFostatからのそれら。

これらのサンプルのほとんどの分解された状態にもかかわらず、信じられるずっとものがあると繋ぎ合せることは可能設計の一貫した開発の最初の表現および質である。 従ってこのグループは最初のグループより遅い期間の絨毯の前触れとして認識可能なトルコの絨毯の今日に至るまで電話することができる。

今日総Seljukのカーペットのコレクションは15が片である18部分から成っている。 これらの8つはKonya、Bey?ehirの3で見つけられ、7つはFostatからある。 イスタンブールのトルコおよびイスラム教の芸術の博物館に今あるグループの内の2つだけはかなり類似している。 様々な色およびモチーフを持っている他、すべては完全に独特である。 そのような変化はそれらを作り出した人側のかなりの創造的な潜在性の存在を示す。

要するに、Seljukのグループの調査は原型の設計が幾何学的設計に非常に様式化された花のモチーフの注入から得られた、ことを明らかにしKuficパターンから成っているボーダー構成から。 場合によっては、幾何学的な形態は列でモチーフの繰返しによって作成される。 1つがそれらをそれ自体識別できれば花のモチーフはただ様式化されている非常に抽象的で、確かに描写的な図である未知が。 これらの片の完全な検査は概括が各部分の独特で、思いがけない質にくずれなければならないことを明らかにするかもしれない。

13世紀のさかのぼるKonyaのAlaeddinのモスク前半で発見されるオリジナルのカーペットはSeljuk Anatoliaのプロダクト、その期間まで編むパイル・絨毯で開発を示す。 それらはまた何人かの専門家、すべてのポストSeljukのカーペットのためのプロトタイプによって、考慮されることを来た。 起源の細部は今でも推測の問題である。wikipediaより

 ギャッべ絨毯 カーペット
ギャッべのカーペット 絨毯
Gabbeh ギャッべ (ペルシャ語: の)カーペットは<絨毯>ペルシャ絨毯の従来の変化である。 Gabbeh ギャッべはクルドおよびLuriのGavaとして知られ、またBakhtiariのKhersak と呼ばれる。 Gabbeh ギャッべ色の開いた分野および幾何学のいたずら気分に頼る抽象的な設計によって特徴付けられる粗い質および中型のhand-woven山の敷物(90 x 150 cmかより大きい)。 このタイプの敷物はクルド、LuriおよびQashqaiの人々を含むイランのZagros山の人口間で普及している。[1] Gabbehは通常女性によって制作される。[1]
 
「Gabbeh」の絨毯 カーペットは他のペルシャ絨毯り大いに厚く、粗い; 時々それは1インチ多く詳細である。 実際は、それは絨毯より色々なkilim キリムの多くである。 単語「Gabbeh、ギャッべ」は、自然未加工、ペルシャの意味から切られていない来る。 これは荒く、原始カーペット、絨毯ですである。

Gabbeh ギャッべ パターンは装飾的な、主に動物に類似している大抵長方形の目的の限られた数だけを用いる非常に基本的な種類である。 Gabbeh ギャッべの通常明るい色では、黄色および赤いのような、使用される。 無地の大きい分野がGabbeh ギャッべの設計で使用されるが、色は雑色である(色は敷物中変わる)。

Gabbehs ギャッべシュは自然のhandspunの毛糸から成り、色すべては自然な植物の染料と作成される。 生産(より少なく精密なパターン、小さい数、1平方センチメートルあたり結び目の等)の相対的な容易さのためのGabbeギャッべはペルシャカーペット 絨毯の比較的安価の変化の1つである。

このごろパキスタンからの織工はペルシャのGabbehs ギャッべシュを作っている。 例えば、自然染まるそれらは作成パキスタンのBalochistan区域のGabbeh ギャッべの手回された敷物である。 パキスタンの隣人イランおよび分け前のBalochistanの地域ペルシャの言語か文化




キリムjapan きリム ジャパン kilim japan,ペルシャ絨毯 ペルシャjapan
キリム インテリア、インテリア キリム 大田区 キリム、キリム 大田区
目黒区 絨毯、トルコ絨毯 目黒区、constantinople コンスタンチノープル ペルシャ絨毯 大岡山 constantinople インテリアショップ
15分 <目黒、中目黒、蒲田、田園調布、自由が丘、白金台、渋谷品川、川崎、代官山 目黒 絨毯、絨毯 目黒から15分大岡山コンスタンチノープル、絨毯や目黒トルコ絨毯、トルコ絨毯 目黒にわ15分

 

ハーレムとはアラビア語のハラム(不可侵の空間)から派生した言葉

江戸時代の大奥と類似している。

オスマン帝国のハレムは、メフメット2世が、始めて建てた旧宮殿とトプカプ宮殿とに分かれていた。宮女たち全体と彼女らが、引きこもって暮らす部屋とを、同時に表す言葉である。スレイマン時代には、宮中にさまざまな中庭や部屋が作られ、迷宮化し始めた。黒人臣官が、警護に当たり、外部の者の接近を厳禁し、内部の秩序と規律を維持した。ハレムには、おびただしい女奴隷がいて、1603年には、266人に上がったという。ハレムに召されるのは、美しさで評判の処女奴隷に限られ、晴れがましいことだった。中には、スルタンへの贈り物として、捧げられた者や、戦利品として捕らえられた者もいたが、それ以外の女たちは、奴隷市場で購入された。彼女たちは、まず教育され、イスラムの基本教義を学び、次に音楽や美術、文芸などのたしなみを身につけ、非の打ちどころのない娘に育てられた。その全員が、スルタンのご籠を受けたわけではなく、教育がおわると持参金をもらい、官職についた青年と結婚するものもいた。初期のスルタンは、政治的な理由から、外国の王女と結婚した。15世紀以降、ハレムの中から、妾が選ばれるようになったが、結婚はしなかった。彼女たちは、スルタンの籠愛が、長続きするほど地位があがった。愛妾(4人の特権的な愛妾がいた)は、身ごもると、スルタンの母や家族が住む旧宮殿に移され、男の子が生まれると宮殿で育てられた。ハレムでもっとも権威があったのは、スルタンの母后で、その権威は自身かスルタンが死ぬまで続いた。愛妾たちは、外部との接触のない、嫉妬や陰謀の渦巻く中で、自分の息子をスルタンにするための戦いに身を投じたという。

   ペルシャ絨毯<カーペット> ヒストリー

*16世紀のトプカプ宮殿の台所では、600人の料理人がいて、ハレムの女たちは、凝った料理

や薔薇水と蜂蜜、ピスタチオで作った料理に目がなかった。

カーペットの編むことの芸術はAchaemenidの期間の間に500に、紀元前に遡る2500歳のPazyrykのカーペットのような証拠に従って古代時のイランに、あった。

ペルシャ絨毯 カーペットの存在の最初の文書化された証拠はSassanidの期間(224 - 641広告)に遡る中国のテキストから来た。

この芸術はペルシャのモンゴルの侵入までのイスラム教時代の前に上向き傾向を渡したこと範囲へのイランの歴史の様々な時代の多くの変更を経た。侵入の後で、芸術はTimuridおよびIlkhanidの王朝の間に再度育ち始めた。[1]

時が経つにつれて、カーペット、絨毯で、ウール、絹および綿を含んで使用された材料は腐る。 従って考古学者は考古学的な掘削の間に特に有用な発見をされない稀に。 カーペット<絨毯>編む証拠が何も多くよりではないので残った何が早い時から使い古したカーペットの少数の部分。 そのような片はペルシャのpure-Seljukの期間(第13そして14世紀の広告)のカーペット編む特徴の確認で非常

wikipediaより

I    islamic period


第8世紀A.D。 Azarbaijanの地域はイランで編む絨毯<カーペット>および荒いカーペット 絨毯(ziloo)の最も大きい中心間にあった。 税を支払うことのほかのTabarestan テブリズの地域は、バグダッドのcaliphsの裁判所に、600の絨毯、カーペットを毎年送った。 その当時、その地域から輸出された主要な項目は祈り(別名祈りマット)を言うための絨毯、カーペットおよび小さい絨毯、カーペットだった。 なお、Khorassan、SistanおよびBukharaの絨毯、カーペットは、顕著な設計およびモチーフのために購入者間の需要が高いに、あった。  

SeljuqおよびIlkhanateの王朝の統治の間の、絨毯、カーペットの編むことはまだ、北西イランで造ったモスクがすばらしいペルシャ絨毯、カーペットでタビリズTabrizでGhazan Khanが覆われたのは活気づくビジネス、そんなにだったからである。 ヒツジは特に編む絨毯、カーペットのための良いウールを作り出すために繁殖した。 Timurid時代に属するミニチュア絵画によって描写されるカーペットの設計はこの企業の開発に証拠をその当時貸す。 また絨毯、カーペットの編むプロセスを描写するその空き時間のもう一つのミニチュア絵画がある。

その時代の間に染まる中心は絨毯、カーペットの編む織機の隣でセットアップされた。 企業はモンゴルの軍隊によってイランの攻撃まで繁栄し始めた。

この期間からの最も有名な絨毯、ペルシャ絨毯、ペルシャカーペットは実際は今では2つのオリジナルの絨毯、カーペットの組合せのロスアンジェルスの第2からの別の部分が付いているロンドンのアルバートビクトリアそして博物館のArdabilの絨毯、カーペットとして、知られているSafavidの大きい(1501-1736年の)例である。[21]これは持っていてである小さいから完全なスケールまで及ぶ無限のコピーの主題。 10時ダウニング街に「Ardabil」があり、均一なHitlerにベルリンの彼のオフィスで「Ardabil」があった。[22] [23]絨毯、カーペットは日付がついた銘刻文字に従って1539-40年に編まれた。 基礎は1平方インチ(1平方メートルあたり465-542千の結び目)あたり300-350の結び目の結び目密度のウールの絹そして山である。 両方の絨毯、カーペットの原寸は171?2フィートによって341?2行った(5.3メートル10.5)。[24]ロスアンジェルス郡美術館はまたビクトリア及びそこのアルバート博物館が

第16そして17世紀の古典的なペルシャ絨毯、カーペット間の多くの変化であることを見る。 TabrizおよびLavar Kermanのようなこの期間のペルシャ絨毯、カーペットに特有な設計を貢献する多数の小区域がある。 共通のモチーフは動物および人間よりもむしろスクローリングツルネットワーク、アラベスク、palmettes、雲バンド、円形浮彫りおよび重複の幾何学的なコンパートメントを含んでいる。 Figural設計はイランの市場で特に普及して、西に輸出されるカーペットの公有地としてほぼない wikipediaより

   ペルシャのモダーン絨毯、カーペット

絨毯の、カーペットの生産が今大抵機械化されるが、従来の手によって編まれる絨毯、カーペットにまだ世界中に広く完全にあり、通常功妙な提示であるそれらのために機械によって編まれる同等より高い値段がある。 イランは2002年に手によって編まれた絨毯、カーペットの$517百万価値を輸出した。イランの絨毯、カーペットの輸出高は国有のイランCarpet Companyからの図に従って2005年にUS$635百万に、なった。 ほとんどは最高のhand-wovenプロダクトである。 2007年10月では、国民のイランの絨毯、カーペットの中心はhand-woven絨毯、カーペットが国の石油以外の輸出高で最初にランク付けした明らかにし、全面的な輸出高間の第3位置をことを保持する。 ほぼ5,000,000人の労働者は国の最も大きい企業のそれに1つをするイランの絨毯、カーペット工業で従事している。

本物のより安い代理、また先頃イランの絨毯、カーペットは他の国から激しい競争の下に来元のイランの設計の偽造品を作り出す。 この伝統芸術に直面するローカル市場の原料の減らされた質および元の設計パターンの一貫した損失、またプロダクトの特許を取り、決め付けることの不在のために問題のほとんどはそうなったものである。 現代R & Dの不在によりこの芸術の市価と同様、サイズで急速な低下を引き起こしている。[25]  

1つの例を与えるためには、「オーマン国のマスカットのサルタンのQaboosの壮大なモスクの驚異のカーペットは」 4,343平方メートルを測定する。 その構造は仕事の12,000,000の人時間に終って600人の労働者によって4年間の労働を、要求した wikipediaより

<ペルシャ絨毯 タブリズ>

イラン、ペルシャTabrizタブリズの敷物か絨毯、カーペットはペルシャ絨毯、カーペットの一般的な部門のタイプであるTabriz タブリズ市から、イラン ペルシャの西の北のAzarbaijanの東の地域の首都。 最も古い敷物の編む中心の1時、タイプの絨毯、カーペットの巨大な多様性を作る。 範囲はバザーの質で110 rajまでの24のraj (敷物の幅の7 cmの長さごとの結び目の数)のそして非常にうまく始まる。 Rajは敷物の基礎のために使用したかひもの数に基づいてどれを結び目密度(の単位敷物の適性を示すである。ひも材料は通常非常に良い敷物のために使用される)絹か綿から成っている。

Tabriz タブリズにfigural、画像の、および3d定形敷物に円形浮彫りからの設計の最も多様な表示の1つ、Herati/Mahiが、ある。

Tabriz、タブリズの主要な生産者は今日下記のものを含んでいる: Tabriz タブリズ、、Galibafi Nassadji Tabriz、タブリズ、およびMiriの兄弟のAlabaf。

Tabriz、タブリズはイラン ペルシャおよびずっと世界の中心を作る大きく、世界的で有名な絨毯、カーペットである。 それは開発の重要な役割を装飾的なおよび応用芸術の豊富な伝統担った。

Tabrizの絨毯、カーペットの芸術は第12第16世紀の天頂にあった。 14世紀の古典的なか「金」期間の約200のTabrizの学校の傑作は芸術家および、絨毯 カーペットの織工が示す技能の高レベルによってミニチュア絵画そして、編むことの芸術の調和的な併合によって特徴付けられる。

Tabrizの学校は2人の小群に分けることができる: TabrizおよびArdabil。wikipediaより

最寄り駅:「大岡山」、「自由が丘」、「緑ヶ丘」、「都立大学」。その他、「田園調布」、「二子玉川」、「武蔵小杉」、「中目黒」、「恵比寿」、「目黒」、「品川」、「渋谷」からもアクセス良好。
家の新築、マンションの購入、リフォームの際には、「コンスタンチノープル」で、こだわりのインテリアとペルシャ絨毯を見つけてみませんか。尾山台 絨毯、川崎、品川 尾山台 キリム、尾山台 インテリア、尾山台 ペルシャ絨毯、キリム 尾山台、ペルシャ絨毯 尾山台、トルコ絨毯、尾山台 トルコキリム、

二子玉川 ペルシャ絨毯、ペルシャ絨毯 川崎、品川、二子玉川 絨毯、トルコ絨毯 二子玉川 絨毯、二子玉川 絨毯 トルコキリム

イスタンブールのモスク スルタンアフマッドモスク中のインテリア

低レベルとあらゆる桟橋で、モスクの内部は50以上のチューリップの設計のIznik (古代Nicaea)でなされる20,000以上のハンドメイドのセラミックタイルによって並ぶ。 低レベルのタイルはギャラリーのレベルで設計は花、フルーツおよびスギの表示と火炎式になるが、設計で従来である。 20,000枚以上のタイルはAvanos (Cappadocia)からIznikのマスターの陶工の管理の下にKasap HaciおよびBaris Efendiなされた。 各タイルの支払われるべき価格はサルタンの法令によって一般にタイルの価格はそのうちに増加したが、固定された。 その結果、建物で使用されたタイルの質は次第に減った。 色は衰退し、変えられて(青い、まだらにされた白に茶色および緑に赤い回転)および艶出しは鈍くなった。 背部バルコニーの壁のタイルは1574年に火によって傷ついたときに、Topkapi宮殿のharemからのリサイクルされたタイルである。

内部の上段は青いペンキによって支配される。 複雑な設計の200以上のステンドグラスの窓は今日シャンデリアによって助けられる自然光を、是認する。 シャンデリアに、モスクの中のクモの巣を避けるためにくもの撃退によって意味されただちょうの卵はある。[2]装飾はQur'an<コーラン>からの詩を、見なされるSeyyid Kasim Gubariがなすそのほとんどように彼の時間のすばらしい書家含んでいる。 床は忠実な人々によって寄付され、規則的に取り替えられるカーペットで身に着けていると同時に覆われる。 多くの広い窓は広い印象相談する。 床のレベルの開き窓はsectile傑作と飾られる。 各exedraにいくつかが盲目である5つの窓がある。 各半ドームに(4によってが盲目である)中央ドーム28および14の窓ある。 窓のための着色されたガラスはサルタンへベニスのSignoriaのギフトだった。 これらの着色された窓のほとんどは功妙な利点がほとんどない現代版と今ごろはもう取替えられた。

モスクの内部には重要な要素はそれの上のstalactiteのニッチそして二重inscriptiveパネルが付いている精巧に切り分けられ、彫られた大理石から、成っているmihrabである。 隣接した壁はセラミックタイルでおおわれる。 しかしそれのまわりの多くの窓はそれに一見の超大作をより少なくする。 mihrabの右へ豊富に飾られたminber、または彼が金曜日または聖日の正午の祈りの時に彼の説教を提供しているとイマームが立つ講壇はある。 モスクは最も混雑させるにある時でさえ、モスクの皆がイマームに会い、聞くことができるように設計されていた。高貴なキオスクは南東のコーナーに置かれる。 それはプラットホーム、loggiaおよび2つの小さく内気な部屋から成り立つ。 それはモスクの南東の上部のギャラリーの高貴なlogeへのアクセスを与える。 これらの内気な部屋は1826年に反抗的なJanissary隊の抑制の間に壮大な宰相の本部になった。wikipediaより。アラブ、トルコ、ペルシャ絨毯 キリム インテリア なら 大岡山にある コンスタンチノープルにぜひ寄ってください。自由が丘 ペルシャ絨毯 トルコ絨毯&キリム、中目黒 ペルシャ絨毯 中目黒、川崎、品川 トルコ絨毯,キリム、代官山 ペルシャ絨毯 代官山トルコ絨毯 尾山台 ペルシャ絨毯 尾山台 トルコ絨毯、キリム 二子玉川 ペルシャ絨毯、二子玉川 トルコ絨毯、キリム

  自由が丘 ペルシャ絨毯、トルコ絨毯、キリム、インテリア

jiyugaoka 自由が丘はToyoko東横線ラインおよびお井町線 ラインが横断するjiyugaoka 自由が丘の場所を囲む区域から成っている。 自由が丘 自体はMeguro 目黒の区の南端にあるが、商業および住宅区域は近隣のOkusawa 奥沢(奥沢か。)に伸びる従ってSetagaya 世田谷の区の区域、それは頻繁に1つの商業およびresidencial区域として考慮される。

洋品店、zakka 雑貨 絨毯、キリム、ペルシャ絨毯、トルコ絨毯、タイル、インテリアの店およびレストランの多くの数がある。 自由が丘は頻繁にほしかった場所の1として東京に住むと考慮される。[1]区域に自身の新聞が1919年に遡ることをある。[2]

イスラムで 絨毯、ペルシャ絨毯、トルコ絨毯

イスラム教の功妙なプロダクトは一般には東洋のカーペット、ギャッべ、絨毯 (東洋の敷物)と言われるパイル・カーペット、ギャッべ、絨毯よりイスラム教の世界の外でもっとよく知られているように、ならなかった。 多様性は毎日のイスラム教およびイスラム教の生命に、床の敷物から建築強化への、クッションからボルスタ袋へのおよびすべての形およびサイズの袋への、そして宗教目的に利用される(祈るためにきれいな場所を提供する)祈り敷物のような。 それらは床だけ長く覆うのに使用される遅い中間年齢以来の他の区域へ主要な輸出今ではネザーランドのだけ公有地の広まったヨーロッパ練習のためのテーブルを、だったが。 カーペット、ギャッべ、絨毯、キリムの編むことはイスラム教の社会の金持ちそして深く埋め込まれた伝統であり、練習はおよび遊牧的な野営と同様、田園コミュニティの大都市の工場で見られる。 より早い期間では、特別な確立および研修会は裁判所の後援の下で直接作用した存在にあった。

非常に早いイスラム教のカーペット、ギャッべ絨毯、キリムは西で16世紀の前に意味する極めて稀、全く多く存続したであり、ヨーロッパからのルネサンスの絵画の東洋のカーペット、ギャッべ、ペルシャ&トルコ絨毯、キリムは正確に塗られた貴重な輸入高だったので、それらの主要な資料源である。[20]作り出すべき直線および端からカーペット、ギャッべ、ペルシャ絨毯、トルコ絨毯、キリムの織工のための最も自然で、最も容易な設計は成り、絵画で存続するか、または示されているべき最も早いイスラム教のカーペット、ギャッべ、ペルシャ絨毯、トルコ絨毯、キリムはこのように作られる非常に様式化された動物の幾何学的設計、か中心を備えている。 アラベスクの流れるループそしてカーブがイスラム教の芸術に中央であるので、これら二つの様式間の相互作用そして張力は長かったカーペット、ギャッべ、ペルシャ絨毯、トルコ絨毯、キリムの設計の主要な機能。

八角形のroundelsそして星の複雑なパターンが、ちょうど少数の色で視聴者の前に、微かに光るフィレンツェのPitti宮殿のアチックで発見される新しい1つを含む壮大なエジプト人の16世紀のカーペット,ギャッべ、絨毯&キリムのほとんど少数の存続が、ある。[21]カーペット、絨毯&キリムのこの様式の生産はMamluksの下でオットマンがエジプトを征服した後始まったが、続いた。[22]他の洗練された伝統は第16のピークおよびArdabilのカーペットおよび即位のカーペット、ギャッべ、絨毯&キリムのような仕事の早い17世紀に達したペルシャカーペット、ギャッべ、ペルシャ絨毯、キリムだった; 今世紀の間にオットマンおよびMughal裁判所はまた一般的なペルシャの伝統で最も最近の裁判所様式に使用されたデザイナーの介入を用いる大きく形式的なカーペット、ギャッべ、絨毯、キリムの範囲の作成を、明らかに後援し始めた。 これらは大きい中央gulのモチーフのと常に広くのnon-figurativeイスラム教の照明そして他の媒体と、頻繁にそして強く共有される設計様式を境界を定められたボーダー使用する。 ただ豊かのと輸出のためのより小さいカーペット、ギャッべ、絨毯、キリムに広がる裁判所によって愛顧される研修会の壮大な設計および第16そして17世紀のそれらの近くの設計はまだ大きな割で今日作り出される。 より古いカーペット絨毯、キリム、ギャッべ、の記述はラベルとしてカーペット、ギャッべ、絨毯、キリム作成中心の名前を使用しがちであるその中心のまわりでから起きたというあらゆる実際の証拠よりもむしろ設計から頻繁に得られて持っているが。 研究は設計が伝統的にと関連付けられる、多くのカーペット、ギャッべ、絨毯、キリムの起源は明白でなく残る中心に決して常に制限されなかったこと明白になり 主要なペルシャの、トルコおよびアラビアの中心と同様、カーペット,ギャッべ、絨毯、キリムはまた中央アジアを渡って、インドで、そしてスペインおよびバルカン半島でなされた。 紋章付き外衣を含むために時々典型的なイスラム教パターンを中断したスペインのカーペット、絨毯、キリムはヨーロッパの高い威信を、楽しみ皇族によってそして教皇宮殿、AvignonおよびReconquistaの後で続いた企業のために依託される。[23]アルメニアにカーペット編むことは多くの早い源によって述べられ、東にトルコおよびコーカサス地方の生産の大いに大きい割合をより伝統的に考えた占めるかもしれない。 北アフリカのベルベルのカーペット、絨毯、キリムに明瞭な設計伝統がある。 市場にカーペット、絨毯、キリムを遠くに運ぶかもしれない交換ネットワークと接触して都市研修会のプロダクトから離れた、また大きく、広まった村そして遊牧的な企業があり従来のローカル設計絨毯、キリムに近い方にとどまった仕事を作り出す。 パイル・カーペット、ギャッべ、絨毯、キリムと同様、kelims、キリムそして他のタイプはの床および壁両方の使用のために織物を作り出された、平ら編むか、または刺繍した。 大きい人間図との比ゆ的な設計は、時々、イスラム教の国で非常に普及していないが、概要の設計が一般に市場が期待するものである西に比較的稀に輸出される、

コンスタンチノープル」へのアクセス:東急「大岡山」より徒歩3分。大岡山北口商店街、ファミリーマート手前。

最寄り駅:「大岡山」、「自由が丘」、「緑ヶ丘」、「都立大学」。その他、「田園調布」、「二子玉川」、「武蔵小杉」、「中目黒」、「恵比寿」、「目黒」、「品川」、「渋谷」からもアクセス良好。
家の新築、マンションの購入、リフォームの際には、「コンスタンチノープル」で、こだわりのインテリアとペルシャ絨毯を見つけてみませんか, 二子玉川 ペルシャ絨毯、二子玉川 トルコ絨毯、キリム

大岡山 コンスタンチノープル 北口商店街

ペルシャ絨毯&キリム 二子玉川 大岡山 自由が丘 
ペルシャ絨毯、キリム、カーペット(中間のペルシャ語: bcb、[1人の]ペルシャ語: 」広がることを「意味する???のfarsh; 時々????のq?li) [2]ペルシャの芸術および文化の必須の部分である。 カーペット、絨毯、キリム編むことはペルシャ文化および芸術の最も顕著な明示の確実に1つ、古代ペルシャに遡る。 2008年に、イランのhand-woven、ハンドメイド 絨毯、キリム、カーペットの輸出高は世界市場の$420,000,000または30%だった。[3][4]イランの1.2百万人の織工の推定人口があり国内市場および国際的な輸出のためのカーペットを作り出す。[5]イランは100ヶ国以上にhand-woven敷物が主要な石油以外の輸出項目の1つであるので、カーペット、ペルシャ絨毯を輸出する。 国は国際市場で販売されるカーペット、ペルシャ絨毯 annually-80のパーセントの約5,000,000平方メートルを作り出す。[6]より安い代理、また先頃イランのペルシャ絨毯、カーペットは他の国から激しい競争の下に来元のイランの設計の再生を作り出す。[6]
 
イランのペルシャ絨毯、カーペットの設計は他の国からの織工によってまたコピーされる。 イランはまた世界でハンドメイドのペルシャ絨毯、キリム、カーペットの最も大きい生産者そして輸出業者であり、世界の合計出力の4分の3を作り出す。[7] [8] [9]しかし先頃、この古代伝統はmachine-madeプロダクトから堅い競争の下に来た。[10]イランはまた60,546平方フィート(5,624.9平方メートル)を測定する歴史の最も大きいハンドメイドのペルシャ絨毯、キリム、カーペットのメーカーである。[11] [12] [13の]
 
ペルシャ絨毯、ペルシャカーペットは3グループに分けることができる;Farsh/Q?li (以上6×4フィート何でも大きさで分類される)、Q?licheh (6×4フィートおよびより小さい大きさで分類される「小さい敷物」を意味する??????)、およびGelim (????として知られている遊牧的なカーペット;「荒いカーペット」を意味する???? Ziluを含んで)。[2]この使用では、Gelimは山の両方敷物を含み、きっかり編む<キリム、スマック>(kilimおよびsoumakのような)。wikipediaより
 

カーペットの生産が

今大抵機械化されるが ルーバー博物館の現代期間のペルシャカーペット,ペルシャ絨毯、キリムにまだ世界中に、従来の手によって編まれるカーペット、ペルシャ絨毯、キリム広く完全にあり、通常功妙な提示であるそれらのために機械によって編まれる同等より高い値段がある。 イランは2002年に手によって編まれたカーペット、ペルシャ絨毯の$517百万価値を輸出した。 イランのカーペット、ペルシャ絨毯、キリムの輸出高は国有のイランCarpet Companyペルシャ絨毯からの図に従って2005年にUS$635百万に、なった。 ほとんどは最高のhand-wovenハンドメイド プロダクトである。 2007年10月では、国民のイランのカーペット、ペルシャ絨毯の中心はhand-wovenカーペット、ハンドメイド ペルシャ絨毯が国の石油以外の輸出高で最初にランク付けした明らかにし、全面的な輸出高間の第3位置をことを保持する。 ほぼ5,000,000人の労働者は国の最も大きい企業のそれに1つをするイランのカーペット、ペルシャ絨毯、キリム工業で従事している。

本物のより安い代理、また先頃イランのカーペット、ペルシャ絨毯、キリムは他の国から激しい競争の下に来元のイランの設計の偽造品を作り出す。 この伝統芸術に直面するローカル市場の原料の減らされた質および元の設計パターンの一貫した損失、またプロダクトの特許を取り、決め付けることの不在のために問題のほとんどはそうなったものである。 現代R & Dの不在によりこの芸術の市価と同様、サイズで急速な低下を引き起こしている。[25]  ペルシャ絨毯日本では 大岡山にある ペルシャ絨毯の店 コンスタンチノープルにぜひ行ってください」、お井町線の二子玉川駅から5分 <ペルシャ絨毯> 尾山台駅から5分 <ペルシャ絨毯>、田園調布駅から5分 <ペルシャ絨毯>、自由が丘駅から5分 <ペルシャ絨毯>、中目黒駅から10分、目黒駅から15分 <ペルシャ絨毯>、代官山駅から15分 <ペルシャ絨毯>、大岡山駅から2分ペルシャ絨毯

1つの例を与えるためには、「オーマン国のマスカットのサルタンのQaboosの壮大なモスクの驚異のカーペットは」 4,343平方メートルを測定する。 その構造は仕事の12,000,000の人時間に終って600人の労働者によって4年間の労働を、要求した。

1949年に独特で考古学的な掘削では、Pazyrykの例外的なカーペット

ペルシャ絨毯、キリムはシベリアのAltai山のPazyrykの谷のの中で凍る、発見された。 カーペット、ペルシャ絨毯、キリムはScythianの王子の墓で見つけられた。 Pazyrykのカーペット、ペルシャ絨毯、キリムが第5世紀に紀元前に編まれたことを示される放射性炭素のテスト。[14]このカーペット、ペルシャ絨毯、、キリムは200 cm (6.5 ftおよそ9.3)によって283行い、cmの2 (インチの2ごとの232)ごとの36の対称の結び目を備えている。[15] Pazyrykのカーペット、ペルシャ絨毯、キリムで使用される高度の編む技術は進化の長い歴史およびこの芸術の経験を示す。Pazyrykのカーペット、ペルシャ絨毯、キリムは世界の最も古いカーペット、ペルシャ絨毯、キリムとして考慮される。[16]その中央分野は深紅の色であり、2つの広いボーダー、1頭の描写のシカおよび他のペルシャの騎手がある。

但しPazyrykからのカーペット、ペルシャ絨毯、キリムが本当らしくない遊牧的なプロダクト、しかしAchaemenidの期間のプロダクト信じられることが。

史的記録はCyrusのAchaemenian裁判所がPasargadeの大きいの壮麗なカーペット、ペルシャ絨毯、キリムとdeckedだったことを示す。 これは前に2,500年にペルシャはアレキサンダー大王との弱い同盟にまだあったが、あった。[18]アレキサンダーはマケドニアのII PasargadeでCyrusの墓区域のカーペット、ペルシャ絨毯、キリムによって大きいの眩まされると言われる。[14]

第6世紀までに、ウールのペルシャカーペットか絹は地域中の有名にされた法廷で円だった。KhosrowのBaharestan (ばね)のカーペット、ペルシャ絨毯、キリム私はKhvarvaranのSassanidの地域のCtesiphonのSassanid帝国宮殿の主要な聴衆ホールのためになされた(現代のイラクで)。 それは450フィート(140のm)長くおよび広く90フィート(27のm)、幾何学的配置庭園を描写した。 Sassanidの首都の職業によって、Tuspawnは、第7世紀のセリウムでアラビア人、小さい片への切口によって、Baharestanのカーペット、ペルシャ絨毯、キリム取られ、勝利の兵士間で利得として分けられた。[19]

歴史家に従って、T?qdisの有名な王位は30表現日の月および4つの他のカーペット、ペルシャ絨毯、キリムの表現をを表す30の特別なカーペット、ペルシャ絨毯、キリムで覆われた

<トルコのキリムについて>

キリムとはトルコ語で「平織り」を意味します。もともと、キリムは遊牧民が移動生活の中で、テント、敷物、空間の仕切り、として使われてきた織物です。多くは、トルコで暮らす遊牧民の家族の間で、母から娘へキリムの染め方やキリムの織り方が伝えられてきました。キリム織りは手仕事のため、世の中に同じキリムはありません。その点もキリムの大きな魅力の一つでしょう。草木染によるキリムの温かな色とキリムの素朴なデザインは19〜20世紀、産業革命による機会化が進む中で逆に欧米の人々を魅了しました。大きなキリムはタペストリーなどの壁飾りに、キリムをラグとして、リビングやダイニングの敷物に、また、小さなキリムラグは玄関マットとして、キリムは生活に彩りを与えてくれる素敵なインテリアとして注目されました。日本でも、部屋の敷物としてのキリムラグの人気は高まっています。「コンスタンチノープル」では、トルコ各地の草木染キリムを取り扱っております。おすすめはトルコ地中海地方で手織りされたウールのキリムです。このキリムの特徴はふさにビーズが付いていること。エーゲ海の美しい青を想像させる明るいキリムです。

<トルコのキリムの歴史>
ペルシャ絨毯、トルコ絨毯(カーペット)は糸を結んで作る厚みのある敷物ですが、キリムは平織りで作られるため、絨毯に比べると、ずっと薄い織物(ラグ)です。キリムは紀元前より作られてきましたが、持ち運びに便利で、保温製に優れた毛織物のキリムは、トルコの遊牧民の間で発達してきました。現在でも、トルコ国内では個性的なキリムが作られています。丈夫なキリムは時間と共に色に深みを増し、キリムとしての価値も高まります。アンティークキリムも取り揃えている「コンスタンチノープル」で草木染の優しい風合いを感じ取ってください。

<トルコキリムのお手入れ方法>

敷物(キリムラグ)として、あるいは壁掛け(タペストリー)としても使われるキリムを美しく、しかも長持ちさせるためには、日頃のキリムのお手入れが大切です。ご家庭でのお手入れとして、掃除機でキリム表面のほこりや小さなゴミを吸い取ってください。湿気、油脂、害虫は毛織物キリムの大敵です。万一、キリムを濡らしてしまったら、すぐに水気をふき取り、キリムを陰干しします。時には石鹸水を含ませた白い布などを固く絞って、一定方向からキリム全体を丁寧に拭いてください。この時、キリムを乾かすためにドライヤーを用いるのも効果的です。もし長い間、キリムを使わないときは防虫剤を多めに入れて布で巻き、キリムは乾燥した、暗い場所で保管しましょう。「コンスタンチノープル」では大切なキリムをいつもでも楽しんでいただくため、お求めになったキリムの定期的なメンテナンスをおすすめしています。他店でお求めになったキリムラグでも、お気軽にご相談ください。キリムのほつれなど、修復にも対応いたします。
<キリム、絨毯の模様について>
キリムの起源はペルシャ絨毯よりも古く、数千年前といわれる平織りのキリム。キリムのモチーフやキリムのデザインには民族や部族の祈りや願いがキリムに織り込まれています。悠久の流れの中で、ゆるぐことなく伝承されてきたキリムの模様、なかには、イスラム教に由来したり、ヨーロッパの嗜好に合わせて生まれたキリムのデザインもありました。イラン、トルコのキリム(絨毯)を中心によく見かける模様と、そのキリム(絨毯)デザインの意味をご紹介します。

キリム(絨毯)「水差し」デザイン---水差し浄化、清めの式、女性の妊娠を象徴したモチーフがキリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)「男と女」デザイン---男、女、子供、それぞれの形がある。子供を授かりたいと願う形、出産する形、また、ヒップに両手をのせた母親像は多産や母性を意味する人間賛歌のモチーフがキリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)「手やクシ」デザイン---5本線、5つの点などは、指あるいは手を意味し、悪魔の目や邪悪なものから守ることを象徴しています。クシは誕生や結婚を意味するモチーフがキリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)「豊穣」デザイン---小麦、大麦など、穀物の豊穣を願うモチーフ。ケシ、メロン、イチジク、ブドウ、クワ などの豊作を願いがキリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)「愛」デザイン---アジアから伝わったモチーフで、男と女のハーモニーや融合がキリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)「お守り、イーグルアイ(悪魔の目)」デザイン---魔除けのモチーフ。一角形が外部危険から身を守ると信じられていた。また、イーグルアイは傷、不幸、死などの力を弱めると信じられていました。トルコの人々の祈りがキリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)「星」デザイン---基本的には6つの輝きを持つ星で、ソロモンの封印として知られています。キリムや絨毯には幸せ、豊穣、母親の子宮の象徴が織られています。
キリム(絨毯)「ドラゴン」デザイン---西洋の神話に出てくるライオンの足、ヘビの足、翼を持ち時に火を吐く想像の動物です。暴力、悪を象徴するが、宝、女性、泉を守ると言われているので、キリムや絨毯には、その願いが織られています。
キリム(絨毯)「波」デザイン---人類のための水の大切さをテーマにしています。迷路、雲、水差し、などがキリムのモチーフがキリムや絨毯に織られています。

キリム(絨毯)「ミフラブ」デザイン---イスラム教の聖地メッカの方角を示すモスク壁をデザイン化しています。祈祷用ラグに欠かせないモチーフがキリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)「鍵やフック」デザイン---魔よけのモチーフ。鍵をかけて悪魔、邪悪なものを中に入れないという意味があります。幸運を願うトルコの人々の願いがキリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)羊の角デザイン---武勇、力、男らしさの象徴がキリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)鳥のデザイン---幸せから不幸への巡り合わせ、楽しみと愛、死人の魂、女性、期待、力などの表現がキリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)シカなどの動物デザイン 生活を共にする動物たちへの愛情がキリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)花デザイン---キリムのボーダーに使われるモチーフです。エデンの園に例えたバラ、カーネーション、チューリップは男の子を授かりたい願いが、キリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)さそりデザイン---猛毒を持つサソリは魔よけのモチーフがキリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)ヘビのデザイン---人類の発生時にさかのぼるモチーフ。黒ヘビは幸せ、豊穣、多産を象徴がキリムや絨毯に織られています。
キリム(絨毯)生命の木のデザイン---男性の成功、不老不死を願ったデザイン。糸杉、ナツメヤシ、ざくろ、イチジク、オリーブ、オークなど、生命の木を象徴するモチーフが、キリムや絨毯に織られています。


 ペルシャでイスラムの絨毯

第8世紀A.D。 Azarbaijanの地域はイランで編むカーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムおよび荒いカーペット,

ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリム (ziloo)の最も大きい中心間にあった。税を支払うことのほかのTabarestanの地域は、バグダッドのcaliphsの裁判所に、600のカーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムを毎年送った。 その当時、その地域から輸出された主要な項目は祈り(別名祈りマット)を言うためのカーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムおよび小さいカーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムだった。 なお、Khorassan、SistanおよびBukharaのカーペットは、顕著な設計およびモチーフのために購入者間の需要が高いに、あった。[1]

SeljuqおよびIlkhanateの王朝の統治の間の、カーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムの編むことはまだ、北西イランで造ったモスクがすばらしいペルシャカーペットでTabrizでGhazan Khanが覆われたのは活気づくビジネス、そんなにだったからである。 ヒツジは特に編むカーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムのための良いウールを作り出すために繁殖した。 Timurid時代に属するミニチュア絵画によって描写されるカーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムの設計はこの企業の開発に証拠をその当時貸す。 またカーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムの編むプロセスを描写するその空き時間のもう一つのミニチュア絵画がある。

その時代の間に染まる中心はカーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムの編む織機の隣でセットアップされた。 企業はモンゴルの軍隊によってイランの攻撃まで繁栄し始めた。[1]

この期間からの最も有名なペルシャカーペットは実際は今では2つのオリジナルのカーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムの組合せのロスアンジェルスの第2からの別の部分が付いているロンドンのアルバートビクトリアそして博物館のArdabilのカーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムとして、知られているSafavidの大きい(1501-1736年の)例である。[21]これは持っていてである小さいから完全なスケールまで及ぶ無限のコピーの主題。 10時ダウニング街に「Ardabil」があり、均一なHitlerにベルリンの彼のオフィスで「Ardabil」があった。[22] [23]カーペットは、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリム日付がついた銘刻文字に従って1539-40年に編まれた。 基礎は1平方インチ(1平方メートルあたり465-542千の結び目)あたり300-350の結び目の結び目密度のウールの絹そして山である。 両方のカーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムの原寸は171?2フィートによって341?2行った(5.3メートル10.5)。[24]ロスアンジェルス郡美術館はまたビクトリア及びそこのアルバート博物館が 第16そして17世紀の古典的なペルシャカーペット間の多くの変化であることを見る。 Tabrizテブリズ、タブリズおよびLavar Kermanのようなこの期間のペルシャカーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムに特有な設計を貢献する多数の小区域がある。 共通のモチーフは動物および人間よりもむしろスクローリングツルネットワーク、アラベスク、palmettes、雲バンド、円形浮彫りおよび重複の幾何学的なコンパートメントを含んでいる。 Figural設計はイランの市場で特に普及して、西に輸出されるカーペット、ペルシャ絨毯、ギャッべ、トルコ絨毯、キリムの公有地としてほぼない。

  イスラムのインテリア

最も最近の中東家の設計傾向に続くometimesはイスラム教の家の内部の概念それを表すために選ばれる。 アラビア家のインテリア・デザインと関連している多くの情報は家の雑誌およびインターネットを含む多くの媒体で広がる。 あなたが知るであるそのイスラム教の家最小主義を含む家のインテリア・デザインの概念を適用できる現代べきである基本的な事、および古典。

イスラム教の家に内部の概念を他の家の設計思想と別にする事は家の中のあらゆる隅で適用されるアラビア特徴である。 それで、それはあなた以来愛を実際に知ること興味深い何かこのイスラム教の家様式である。 世界のほとんどのモスクのようにように、イスラム教の内部のdecor様式はまたあらゆる家項目のアーチの細部を常に含む。

このアーチの細部は一般に家の壁で応用、ドアおよび窓の土台、家具および様々な付属品である。 Calligraphyはイスラム教の家の内部の最も普及した特徴である。 それは抽象的ではないが、アラビア執筆から家を美化する独特で、エキゾチックなcalligraphyであるために成っている

ペルシャの早いイスラム教のモザイクはモスクおよびマウソレウムの幾何学的な装飾から主に、艶をかけられた煉瓦の作られて成っている。 典型的なトルコ石のタイルは第10第11世紀に普及するようになり、モスクの壁のKuficの銘刻文字のために大抵使用される。 イスファハン(1122年の広告)のSeyedのモスク、Maraqeh (1147年の広告)のドームおよびGonabad (1212年の広告)のJameのモスクは最も良い例間にある。[12] QazvinのJame Atiqのモスクのドームはまたこの期間に日付を記入される。

ペルシャのタイル tileworkの黄金時代は統治の間にTimurid帝国を始めた。 単一色のタイルは小さい部分に切られ、その間の液体プラスターを注ぐことによって組み立てられた。 堅くなることの後で、これらのパネルは建物の壁で組み立てられた。 しかしモザイクは平らな区域に限られなかった。 Yazd (1324-1365年の広告)のJameのモスクおよびGoharshadのモスクは(1418年の広告)内部の煉瓦およびタイルのモザイクの顕著な例およびドームの外面の表面である。[12] Bukhara (第16第17世紀)のイスラム教の建物はまた非常に洗練された花模様カットを表わす。

Mihrabsは、モスクの焦点ポイントで、通常ほとんどの洗練されたtileworkが置かれた場所だった。 イスファハンのMadrasa Imamiの14世紀のmihrabはイスラム教の書家の芸術と抽象的な装飾間の審美的な連合の顕著な例である。 mihrabのニッチを組み立てる尖頭アーチは第9世紀Qur'anに使用されるKuficの原稿の銘刻文字に耐える。[13]

イランの最も最もよく知られた建築傑作の1つは17世紀からのイスファハンのShahのモスク、である。 そのドームはタイルのモザイクの最もよい例であり、それは冬世界のcuerdaのsecaのタイルの最も良いアンサンブルの祈るホール家1である。 タイルの多種多様は一貫したモザイク模様でホールの複雑な形態をカバーするため製造されたであるなった。 結果は抽象的な装飾の眩ます表示と同様、科学技術の勝利だった。[13]

頻繁にhaftと(7色の)技術を鳴らした取替えられたSafavidの期間のモザイク装飾のvereの間に。 映像は明白な長方形のタイルで塗られ、艶をかけられ、そしてその後発射された。 経済的な理由のほかに、7色方法は芸術家により多くの自由を与え、より少なく時間のかかった。 それは色のパレットが黄色いおよびオレンジによって伸ばされたQajarの期間まで普及していた。[12]

Persianateの伝統はイスラム教の世界、特に?znik イズニック タイル第16そして17世紀のオットマン帝国の下のトルコの陶器の大部分に広がり続き。 宮殿、公共建物、モスクおよびturbeのマウソレウムは花のモチーフの大きい明るく着色されたパターン、普通、および幾何学的なパターンと同様、花のモチーフおよびcalligraphyを含む驚くほどの複雑さのfriezesによって重く、飾られた。

アラビア北アフリカのzelligeの伝統は様々な形の小さい着色された非常に複雑で幾何学的なパターンを作るのにタイルを使用する。 それはモザイクに中途半端である、しかし異なっ
armanian carpet  エルマニア

 アルメニアン、トルコ絨毯、ペルシャ絨毯、キリムとラグ織りの芸術は古代に根があります。しかし、トルコ絨毯、ペルシャ絨毯、キリムカの壊れやすい性質のために非常に少数の例存続した。 一つは標本(事前にキリスト教の)古代から発見されました、比較的数標本として、世界各地で様々な美術館にコレクションが検出されている中世時代から存在しています。

「アルメニアン織りと刺繍の複雑な歴史は、近くにある東、広大な、古代、、民族的に多様な地域で行動していました。 数人は、アルメニア人のように、細かい繊維生産の継続的な一貫した記録の1年紀からの現在に自慢することができ、人々がある。 アルメニア人は勤勉な練習の三十世紀で渡されたのは、織物遺産の多様性と豊かさに恵まれています。まだ彼らは生きた約1915のアルメニア人の虐殺で破壊され、手作りのファブリックに博物館を非難するとマシンは完璧を生成することができた技術で覆し、伝統、活気が布に圧力を背負って

トルコ絨毯、ペルシャ絨毯、キリムとラグカーペット絨毯のためには、アルメニア語(アルメニア語[6]karpet絨毯carpetまたは'(アルメニアトルコ絨毯、ペルシャ絨毯、キリムとラグ語ジョージ.[7]アルメニア語で両方の単語と同義ですが、単語「karpet」絨毯carpetトルコ絨毯、ペルシャ絨毯、キリムとラグは、ほとんどの場合、カーペットのパイルラグ、「ジョージ」ですのに使用されます。

最も頻繁に使用される用語のウールの床の敷物は、アルメニア語経験から出る不織布を指定するには:カーペットと祭っ/カリルします。 「kapert」トルコ絨毯、ペルシャ絨毯、キリムとラグ(アルメニア語 結成のルートの「甲」(アルメニア語 ことを意味する「ノット」[8][9]以降にになる「karpet」トルコ絨毯、ペルシャ絨毯、キリムとラグ(アルメニア語 の口語アルメニア語、に使用されていは、5世紀アルメニア語の翻訳聖書(マタイ であることを前提として、「сarpet」トルコ絨毯、ペルシャ絨毯、キリムとラグに入力したフランス語(フランス:carpette)、トルコ絨毯、ペルシャ絨毯、キリムとラグ英語(英語:カーペット)では、13世紀(中世のラテンcarpita、トルコ絨毯、ペルシャ絨毯、キリムとラグ「厚いウールの布)[11]には、結果の貿易の敷物を都市のアルメニア王国のcilicia。 フランチェスコ フィレンツェの商人のキプロス、報告されたのは、  カーペット(kaperts)トルコ絨毯、ペルシャ絨毯、キリムとラグからインポートされた、アルメニアの都市ayas、SISにフィレンツェ.[12]アルメニア語単語「ジョージ」(アルメニア語 最初に触れられた記述されたソースの中には、13世紀。 これは、Word(「ジョージ」)では、銘たカットアウトの石壁のkaptavan教会のartsakh(推定されるカラバグ)、日付が 、教授のアルメニア、研究と見なされているアルメニア語「ジョージ」(アルメニア語 は、派生物の 語彙では存在したのは、フォームの「koork」および「koorkas」します。 エドガー・Hスターテバント"、専門家のヒッタイト研究、について説明し、語源の単語の として「馬布「.[15]などのペルシャ「qali」に入力されたトルコ語のよう「qali」または「カリル」にアナトリアオスマントルコとアルメニアン」[16]から派生し、市内のtheodosiopolis-karin-erzerum、正常にアラブ人としてqali-Qalaからアルメニアン「karnoy K'aghak」、「都市のKarin」します。 erzerum自体の名前はよく知られてい、アルメニア語起源の使用からartzen AR-ラムです。 この後半artzen15km theodosiopolos-karinの東、1041には、Karin住民に逃避した後には、来たセルジュク族によりでの重要なアルメニアン商業の中心の、破壊の後、ラム酒で、ビザンティン地域に、artzen、ラムまたはarzerum/erzerum/エルズラム-.[17]の名前の変更された アラブ、トルコ、ペルシャ絨毯 キリム インテリア なら 大岡山にある コンスタンチノープルにぜひ寄ってください。自由が丘 ペルシャ絨毯買い取りトルコ絨毯&キリム、買い取り中目黒 ペルシャ絨毯 中目黒、川崎、品川 トルコ絨毯,キリム、代官山 ペルシャ絨毯 代官山トルコ絨毯 尾山台 ペルシャ絨毯 尾山台 トルコ絨毯、キリム 二子玉川 ペルシャ絨毯、二子玉川買い取りトルコ絨毯、キリム

左記Cinarのような名門でつくられた絨毯は目が飛び出るくらい高い。1畳ぐらいの大きさで百万円以上する。一つの財産となる

トルコのカッパドキアから次の宿泊ウスパルタの町へ行く途中じゅうたん絨毯工房に立ち寄りました。 入るとまず絨毯の織り方の説明があります。シルクチナル絨毯ペルシャ絨毯トルコ絨毯は二重織り(ダブルノット方式)で丈夫だそうです。本物は100年は軽くつかえるといいます。絹の絨毯カーペットは糸が細いので特に難しいです。そのため選りすぐられた女性が絹のシルクじゅうたんカーペットを織るそうです。次に糸をつむぐところに行きます。昔の桐生や足利の日本の絹織りものの産地を思い出します。手作業で繭をつむいでいました。


前へ   次へ