CONSTANTINOPLE


<トルコ&ペルシャ シルク&ウール絨毯買い取り・下取り中>

大岡山駅 北口商店街 徒歩3分

03-3718-0211

                    〒145−0062 東京都大田区
                    北千束 1−52−2 水口ビル1flr                     
ConstantinopleHPでは、通信販売を行っておりません。

なぜなら、お客様の目で実物を見て触って気に入った商品を見つけてもらいたいからです。

遠慮なくお気軽に足を運んでください。

ご来店時に「インターネットのページを見た」と伝えていただければ、ささやかなプレゼントを差し上げます。


      ミラス トルコ絨毯           トルコのスタンドガラス ランプ        


<トルコ手織り絨毯について>

現代に残されたごくわずかな手作りの工芸品の中で、絨毯織りは2000年以上の長きに渡る伝統を失わずに受け継がれてきたものです。トルコ絨毯は材料の特質に合わせて糸を結ぶ方法がとられています。その結び目はタ―キッシュノット又はギョウルデスノットと呼ばれるダブルノット(縦糸を2本いっしょにして絨毯に色糸で結んでいく方法)です。絨毯のデザインや絨毯のパターンは多様に変化しても、トルコ絨毯の伝統的な特質は変わらなく続いてみます。
トルコの絨毯作りは世代を越えて受け継がれてきた技術の結晶といえるもので、家族、一族、あるいは村ぐるみで知恵と力、技と経験を出し合い育んできたものです。トルコのそれぞれの地方によって、使われる、絨毯のパターンや絨毯のデザイン、それから絨毯の材料に特徴があります。本来、このようなトルコの手織り絨毯は、トルコのそれぞれの地方の生活に必要不可欠なもので、絨毯の用途もさまざまです。敷物(カーペット)として、部屋の仕切りとして、タペストリーなどの壁の装飾として、ソファーや椅子のカバーとして、礼拝時の必需品として、トルコの人々にとって絨毯は日常生活に切っても切り離せないものでした。今日も、トルコでは、家庭やオフィスで、ホテルやホールで、実用と装飾を兼ねたトルコの手織り絨毯は暮らしにもインテリアにもみごとにマッチしています。上質で美しいトルコの手織り絨毯は時と共にますます絨毯の価値を高めるものです。ダブルノットで織られた、トルコ絨毯は使い込まれることにより、絨毯の結び目が堅くなり、いっそう貴重な絨毯になります。選び抜かれた上等な絨毯は敷物(カーペット)として、壁掛け(タペストリー)としても貴重なもので、子供や孫に残す価値のある美術品ともいえるでしょう。シンプルなお部屋も、一枚の手織り絨毯で見違えるようになります。花柄、幾何学模様、鮮やかな配色、あるいはパステルカラー、シルクかウールの絨毯か、または、どの産地のトルコ絨毯をどのようにアレンジするかで変化のあるインテリアや部屋作りが楽しめます。近年、トルコの手織り絨毯は西欧や中東、アジアからの憧れの的で、国際市場でのトルコ絨毯、特に「ヘレケ」絨毯の人気は驚くほどです。大岡山「コンスタンチノープル」ではトルコ絨毯の素晴しさをご紹介するため、「ヘレケ」絨毯、「カイセリ」絨毯、「ベルガマ」絨毯など、さまざまな産地のトルコ絨毯を取り揃えて皆さまをお待ちしております。素晴らしいトルコの手織り絨毯を、手にして、いとおしむ時、これらの手織り絨毯が無名の、ほとんどは村の女性たちのしなやかな手で織り上げられたことを想像すると、きっと、あなたも感動を覚えることでしょう。

<トルコ手織り絨毯の歴史>

トルコ絨毯の特徴である、ダブルノット、絨毯の二重結びを生み出したのはトルコ民族で、その絨毯織りの技法は12世紀、セルジュクトルコ族の西への進出と共に地中海へ伝えられました。13世紀の旅行家「マルコ・ポーロ」も旅の途中アナトリアを通り、コンヤなど
の宮殿やモスクに敷かれた素晴しい手織り絨毯を目にし、感嘆したことが「東方見聞録」にも記されています。

<トルコ絨毯のデザイン>
絨毯織りはデザインを決めることから始まります。熟練した絨毯の織り手がモチーフやパターンを決め、絨毯の結び目数の多い高級絨毯では図案が用意されます。方眼紙に描かれた絨毯のデザインは織り手が見やすいように、織り機の上部に掲げられます。トルコ絨毯の幾何学模様には多くのパターンありますが、動物、人物、植物を様式化したモチーフが絨毯の中にあしらわれることもあります。美しい草花を花園のようにいっぱい散らした絨毯の場合、絨毯のフレームにも植物モチーフで囲んで完全な絨毯の柄になります。絨毯のデザインで最も大切な要素はその均整で、絨毯のコーナーに歪みや不揃いがあってはなりません。「ミフラブ」デザインの絨毯では、その中や周りに他のデザインを施し、絨毯のボーダーにはアラビア文字が見られます。
<トルコ絨毯の素材について>
デザインの次に大切な要素は絨毯の素材です。絨毯の産地によって異なりますが、ウール(羊毛)、シルク(絹)、コットン(綿)あるいは、フロスシルクと呼ばれる絹綿があります。絹の産地は世界にも限られているのですが、「ブルサ」は長い間、絹糸生産センターとして、トルコ手織り高級絨毯の需要をまかなってきました。シルクの「ヘレケ」絨毯や「カイセリ」絨毯は敷物(カーペット)として、壁掛け(タペストリー)として、絹の絨毯の持つ輝きはまさに本物の美しさで他を圧倒します。遊牧民の間で羊の毛は絨毯の素材として、昔から使われてきました。広大なアナトリア高原で草を主食とする羊から取れるウールは丈夫で光沢があります。今でも、地方によっては、絨毯のための羊毛は手で紡がれています。繊維工業はトルコの主要産業の一つですが、それを支える綿花の生産も世界屈指のものです。絨毯の下地となる縦糸と横糸にコットンをはり、ウールの色糸をからませ結びつけた絨毯は他の素材のものに比べて一段と丈夫な絨毯になります。フロスシルクを使った絨毯は「カイセリ」でのみ織られています。フロスシルクの特徴は染色が容易なので、鮮やかな色彩の絨毯を織り上げることができます。
<トルコ絨毯の技法について>
絨毯の織り機は水平の横糸に縦糸を通すしくみです。この縦糸に図案を施した色糸をからませ絨毯の柄となる糸を結んでいきます。一目ごとにきっちりと結ばれた糸の端はハサミで切り揃えられ、絨毯の表面はまるで、ビロードのようです。このようにトルコの手織り絨毯は、一つ一つの糸を絡めて結んだ目が何千何万と集まって初めて美しい柄が浮き上がってくるわけです。結び目が堅いほど上等で強い絨毯となります。上等な絨毯が美術品の価値を持つといわれるのはそのためです。




トルコ共和国
 トルコ共和国(トルコきょうわこく)、通称トルコ(土耳古)は西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。
北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシアと、東でグルジア、アルメニア、イラン、イラク、シリアと接する。
国土の大半の部分はアナトリア半島にあたり、国民の約99%がイスラム教(宗派はスンナ派が多数)を信仰するため、日本の地域区分では地理的な位置と、欧州即ちキリスト教というステレオタイプから中東、西アジアに含めることがほとんどであるが、サッカー協会やオリンピック委員会などではヨーロッパの統一団体に属す。経済的、政治的にもヨーロッパの一員として扱われることがあり、現在欧州連合(EU)へ加盟申請中である。
トルコ語による正式国名は、(テュルキエ・ジュムフリイェティ)通称TURKIYE(テュルキエ)
近年、天然染色のいくつかの金属塩の使用にもかかわらず、金属塩を無公害の毒性、発癌性のみアルミニウム、鉄ミョウバンが使用されます。従って、発癌性の使用を防止し、大田区、目黒区買取りしたトルコ絨毯カーペットトルコシルク絨毯買取り、東京、目黒区 品川区ペルシャシルク絨毯買取り環境汚染を引き起こし、他の金属塩のより毒性の色であることに加えて。天然染色の染色に使用される方法は、再び伝統的に現在に過去に使用される標準的な方法の範囲に持ち込ま更新されます。
ビジネス向け  翻訳:翻訳者ツールキットウェブサイト翻訳ツールグローバル マーケット ファインダー
洗浄液として取られるべき第1の要因は、優れた品質を達成するために不可欠である右の洗浄剤を選択することで、買取りしたトルコ絨毯カーペットあなたのカーペットを洗います。洗浄後の洗剤抽出処理のフリースピン機で1400rpmで用いて実施されるまで、カーペットをすすぎます。このプロセスは、確かに行われる必要がある最も重要な要因です。あなたは水の汚れから杭を保つために締め付けプロセスの最後で洗浄し、それ以上は行われるべきであるならばどのようにきれいなすすぎあなたの買取りしたトルコ絨毯カーペットを洗浄しているので。例えば、完全に手であるカーペットの汚れの縞にウォータースポットを洗います。ストラップの裏面に太陽を見るために、ウェットの終わりに百分の90から95までのあなたのカーペットの乾燥速度を締めると特異的に起因して乾燥させ日に退色用に設計された織機。買取りしたトルコ絨毯ペルシャ絨毯ウール&シルク買取り絨毯大田区、北千束、目黒区、買取り渋谷区カーペット


トルコ絨毯とは
トルコ絨毯の最大の特徴は縦糸2本に横糸で二つづつの結び目を作っていく《ダブルノット方式》で織られていることです。
一般的な結び目一つ(シングルノット方式)の絨毯と比べて結び目が多い分だけ丈夫であり毛足を短く刈ることが出来るので薄く仕上がり、ダニやホコリが溜まりにくく清潔です。
また長い間家具などを置いても毛足が寝ることもありません。
湿気の多い日本の夏でも畳の感覚で快適にお使いただけます。
トルコ絨毯の至宝「ヘレケ絨毯」が登場したのは1891年です
ヘレケ絨毯とは
シルクの生産地プルサの近くヘレケにアナトリア地方の田舎から熟練した織り手を集めて、当時のスルタンが宮廷用や王侯貴族への贈り物としての高級シルク絨毯を作らせたのが「ヘレケ絨毯」のはじまりです。
イスタンブールから程近いイズミット湾の小さな町ヘレケで絨毯が織られるようになったのは1848年ですが工場の火災により暫く生産は中止されていました。オスマン帝国の象徴であったトプカプカ宮殿が火災で焼け落ちたため新たに建築された宮殿を飾るために1891年に再び熟練した織り手を集めて精巧な新しい「ヘレケ絨毯」の生産がはじまりました。
1平方センチ当り60?200ノット、中には500ノット以上の細かいものもありますが現在ではこのような優秀な織り手は少なくなっておりヘレケ絨毯の価値はますます高くなっております。
シルク絨毯はサラッとして夏でも快適でありその耐久性は100年以上と云われております。使い込まれて価値も高まり、現在100年以上経ったものはアンティークとしてとても高価です。当時ロイヤルカーペットととして王侯貴族しか使うことを許されていなかった「ヘレケのシルク絨毯」は1923年トルコ共和国を建国したアタチュルクによって一般市民にも使用が許されました。
現在「ヘレケ絨毯」は手織り絨毯の最高峰として世界中の人々に愛用されております。
トルコ絨毯の歴史
テントで暮らす遊牧民によって織られはじめ、寝具や日除けとして使われていた平織りの織物(キリム)は地べたに直接敷くには薄くて冷たいことから暖かい織物 
物にしようとラクダや羊の毛で織った毛先を刈り込まず厚みのある敷物(絨毯)として作られるようになりました。
しかも貴重な家畜の毛を使う敷物は丈夫で長持ちするものでなければなりません。その為にさらに縦糸に横糸二つづづの結び目を入れて編むようにしたのがトルコ絨毯ダブルノット方式の始まりです。
トルコには絨毯を織る数百の部族があり、それぞれの部族が固有の色と織り柄を継承しており、絨毯の紋様と色を見れば何処で織られたものか判ります。各部族ともにダブルノット方式を重用継承して今日のトルコ絨毯に発展しました。

<ペルシャ絨毯販売のサイト>
「コンスタンチノープル」は東京都大田区のペルシャ絨毯(じゅうたん)、トルコ絨毯、キリム、トルコ石(ターコイズ)アクセサリーの直輸入販売店。
取り扱い商品:ペルシャ絨毯(ウール、シルク)、ギャッベ絨毯、トルコ絨毯(ウール、シルク)、「ヘレケ」絨毯、「カイセリ」絨毯、「タシュプナル」絨毯、「ミラス」絨毯、「ヤージュベディル」絨毯、「ベルガマ」絨毯、「ドシェメアルトゥ」絨毯、「カルス」絨毯、トルコの草木染キリム。玄関マットから大型の絨毯まで。オーダーメイド、トルコから絨毯やキリムの取り寄せ、アンティーク絨毯、アンティークキリム、絨毯のクリーニングなど、お気軽にご相談ください。その他、トルコ石(ターコイズ)指輪、トルコ石(ターコイズ)ネックレス、トルコ石(ターコイズ)ブレスレット、トルコ石(ターコイズ)イアリング、トルコ石(整魂殉)ブローチ、ラピスラズリーアクセサリー、シルバーアクセサリー、トルコの銀製品(シルバーウエア)、カシミアショール、ストール、キリムのサンダル、キリムのハンドバック、イズニック産の絵皿とタイル、イズニック地方とキュタフヤの陶器、トルコの刺繍ベッドカバー、トルコの刺繍クッションカバー、トルコのレース、キリムのクッションカバー、トルコのオットマンランプ、卓上ランプ、メヴラーナ人形、などのインテリアも展示・販売中。目玉グッズ(お守り)やトルコ産オリーブの「オリプル」石鹸は評判がよく、大変おすすめです。
「コンスタンチノープル」へのアクセス:東急「大岡山」より徒歩3分。大岡山北口商店街、ファミリーマート手前。

最寄り駅:「大岡山」、「自由が丘」、「緑ヶ丘」、「都立大学」。その他、「田園調布」、「二子玉川」、「武蔵小杉」、「中目黒」、「恵比寿」、「目黒」、「品川」、「渋谷」からもアクセス良好。
家の新築、マンションの購入、リフォームの際には、「コンスタンチノープル」で、こだわりのインテリアとペルシャ絨毯を見つけてみませんか。

「コンスタンチノープル」おすすめ結婚ギフトランキング
1位 玄関マット         小さなサイズのトルコ絨毯をいろいろ用意してます
2位 トルコ刺繍クッションカバー お部屋が華やかになります
3位 トルコ・イズニック産の陶器 小皿から飾り皿まで手書きの焼き物もあります
4位 トルコ草木染キリム     夏でも使えるウールのキリムです
5位 銀製品(シルバーウエア)     リビングの飾りからアクササリーまで揃ってます


「ヘレケHEREKE」絨毯とは?

トルコ・ブルサ産の絹を使った、シルク絨毯の最高級品として、有名なトルコの「ヘレケ」絨毯。イスタンブール東60kの小さな町「ヘレケ」で作られています。シルク100%の「ヘレケ」絨毯は、その品質と価値において並ぶもののない高級絨毯の代名詞となっています。19世紀にオスマントルコのスルタン(皇帝)によって見いだされ、この土地「ヘレケ」にオスマン王立工場(絨毯工房)が設立されました。それ以来、宮殿や高官たちの特別な需要に応えるため、結び目の詰まった良質な絨毯を作り続けてきました。絨毯工場には大がかりな機械が設置され、熟練した技を誇る絨毯の織り手が「ヘレケ」に集められ、生涯の傑作ともいえるような見事な「ヘレケ」絨毯をコツコツと仕上げてきたのです。そして、「ヘレケ」を一躍有名にさせたのはイスタンブールの「ドルマナチョ宮殿」に敷き詰められた約250枚の絨毯たち。宮殿の華麗なサロン、大広間などに華を添えています。
その後は、ドイツから輸入された鮮やかで色持ちのよい染料に改良され、「ヘレケ」はシルク絨毯の最高級品として、世界の憧れの「ペルシャ絨毯」になりました。「ヘレケ」絨毯はその細かな結び目でも有名です。1平方メートルになんと100万もの結び目が織り込まれているのです。
「ヘレケ」シルク絨毯を代表するモチーフは自然主義的な細かい花草模様が代表的で、プラム、チューリップ、カーネーションやバラ、その他の植物が咲き乱れ、「ヘレケ」絨毯は、まさに、春の花園のような華やかさを与えてくれるので、玄関やホテル、お店、レストランにも、とてもおすすめできる絨毯です。また、「アンティークのヘレケ」をエントランスの壁掛け(タペストリー)として、使用されているお客様もいます。

「コンスタンチノープル」ではシルク「ヘレケ」に加え、ウール「ヘレケ」絨毯の在庫がございます。絨毯のサイズは花瓶敷き、玄関マットから、6平方メートル以上のタバンサイズの絨毯や廊下用の絨毯まで。ウールの「ヘレケ」絨毯はリビング(居間)、ダイニングに使われる方が多くいらっしゃいます。繊細な草花模様から伝統的なオスマントルコのデザイン、ペルシア、オスマン領エジプトのモチーフなど、「ヘレケ」絨毯にご希望の柄とサイズがあれば、トルコより取り寄せることもできます

「カイセリKAYSERI」絨毯とは?

トルコ、中央アナトリア(カッパドキア地方)が産地の絨毯です。「カイセリ」は昔からキャラバンが行き交う貿易の要所として賑わってきた町です。「カイセリ」絨毯の特色は幅広い素材(シルクやウールなど)と豊富な絨毯サイズでも群を抜いています。そして、「カイセリ」は「ヘレケ」と並んで上質なシルク絨毯でも知られています。「ヘレケ」と同じく「ブルサ」の絹を用いた「カイセリ」絨毯は艶のある明るい色を用いていますので、美しい装飾用絨毯としても、楽しんでいただけます。結び目が堅いので、絨毯のモチーフを隅々までくっきりと描き出しているのです。この織り方の特色はフロスシルクの絨毯にもあてはまります。鮮やかな色調が魅力の手織りフロス「カイセリ」絨毯は、お部屋やインテリアをクラシックにもモダンにも飾ることができます。そして、伝統的な花柄の絨毯は楽園の趣きを与えてくれるでしょう。

「カイセリ」では、染料を使わずに材料の羊毛の濃淡を上手く利用して織られたウールの絨毯にも人気があります。この「カイセリ」ウール絨毯は、ベージュ、クリーム、ブラウンやグレーなど、落ちついた色使いが特徴の絨毯です。「コンスタンチノープル」では、「カイセリ」ウール絨毯を寝室やベット周りに、また、「カイセリ」シルク絨毯をリビング(居間)やダイニングルームにおすすめしています。

「タシュプなるTASPINAR」絨毯とは?
トルコ、中アナトリアで作られるウールの絨毯です。四隅を縁取りした柄や幾何学模様が定番の柄です。この幾何学模様は様式化した植物やバラなどの草木を意味しています。「タシュナプル」絨毯は植物の天然染料が用いられていますが、基本的に濃紺やレンガ色、茶色の組み合わせのため、秋から冬に向いている絨毯といえるでしょう。リッチな色合いなので、暖炉の周りに敷かれたお客さまもいらっしゃいました。中央アナトリア産の絨毯として、他にも「ヤヒヤル」、「マーデン」、「コンヤ」、「ニーデ」があります。この地方では、幾何学模様のウール素材の絨毯が特徴です。

「コンスタンチノープル」では色彩豊かなウール「タシュナプル」絨毯をご用意できます。

「ミラスMILAS」絨毯とは?

トルコ、エーゲ海地方のミラスで作られる絨毯です。淡い繊細な色調の良質な草木染絨毯として有名な「ミラス」の絨毯。たばこの葉からとった黄色を基調にして、濃淡の茶色や赤系の茶色を用いた上品で落ち着いた色合いが特徴の絨毯です。モチーフは幾何学模様とモスクのミフラブがよく見られます。シックな絨毯は書斎などの落ち着いた空間に、また、全体をクリーム色で織られてた絨毯は、格調高いペルシャ絨毯の中にも明るさや軽さを求める方におすすめできます。
「コンスタンチノープル」ではウール「ミラス」絨毯をご用意できます。

「ドシェメアルトゥDOSEMEALTI」絨毯とは?

地中海の町アンタルヤ周辺の村で織られている絨毯です。この辺りはトルコのリヴィエラと呼ばれる風光明媚なリゾート地です。
半遊民であるユルックたちは寒い冬を温暖な平地に降りて過ごし、自分たちの羊の毛を紡ぎ、植物で染め、独特な絨毯を織り続けています。遊牧民の好みを反映した幾何学模様の絨毯が多く、色彩は青や濃い緑、赤が多く使われるのが一般的です。「ドシェメアルトゥ」の絨毯は豊穣や長寿を願って織られた絨毯なので、結婚祝いや誕生祝などの贈り物におすすめしています。

Herekeはイスタンブールの近くに、イズミット湾の北端に位置するユニークな織りセンターです。何世紀もの間、手はラムウール製のカーペットがHerekeの村で生産された結び目。今日では、Herekeは世界でカーペットをトヘレケトルコシルク絨毯<買取り>結ば最高級の手を製造するために認識されています。

Herekeを仕事にlwher?

Herekeは何を意味するのでしょうか?

何が他のカーペットからHerekeカーペット、トヘレケトルコシルク絨毯<買取り>を区別しますか?

どのようにHerekeカーペットが作られていますか?

Herekeカーペットは、トヘレケトルコシルク絨毯<買取り>本物の手作り、トルコで生産された場合はどうすればdeterminことができますか?

トルコと中国の絨毯の違いは何ですか?

トルコの結び目とは何ですか?

どのような材料Herekeカーペット、トヘレケトルコシルク絨毯<買取り>を作るために使用されていますか?

どのようなツールHerekeカーペッ、トヘレケトルコシルク絨毯<買取り>を作るために使用されていますか?

どのように絹のスレッドが生成されますか?

Herekeカーペット、トヘレケトルコシルク絨毯<買取り>で使用されるシルクはどこから来たのでしょうか?

天然染料と化学染料の違いは何ですか?

どのように私は私のカーペットをトヘレケトルコシルク絨毯<買取り>輸送する必要がありますか?

どのように私は私のカーペットを保存する必要がありますか?

それはカーペットを折るか、ロールバックするより良いですか?

どのように私はHerekeカーペットのトヘレケトルコシルク絨毯<買取り>世話をしますか?

どのように私は私のカーペットからの流出をきれいにしますか?

  トルコ インテリア

トルコは、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国
であるため、2つの文化が融合し独自に発展を遂げている国。

国土も日本の2倍ほどあり、歴史的遺産と自然美、レジャース
ポットを持っていて、なおかつおしゃれでかわいいアクセサリーや
インテリアなどが女性からも注目を集めており、近年女性
を中心に旅行者が増えている国の一つです。

トルコのインテリアを見て回る際にお勧めの場所は、
イスタンブール。巨大な市場バザールが開催されていて、
色鮮やかなトルコランプやトルコブルーのお皿、
貴金属など、イスラムの美的センスが融合した
トルコらしい品物がずらりとならんでいます。

女性なら、誰しもが興奮してしまうようなエスニックな
世界が広がっています。

トルコのインテリアの特徴は、原色を使った色鮮やかな
花柄。水色やピンク、オレンジ、赤、青、様々な色が
織りなす独特のデザインがとても美しいんです。

クッションや、コースター、お皿、ランプ、置物など
今のお部屋にトルコのインテリアを少しアクセントとして
置くだけでとてもかわいくなりますよ!

ぜひお勧めです♪


コーデュロイのように起毛した
気持ち良〜い肌触りの

トルコの伝統柄を使用した
ベッドカバー(マルチカバー)。

ホテルのような
高級感あるお部屋を
お望みの方に^^おすすめ♪
  大岡山 constantinople <コンスタンチンオープル>
<自由が丘 から5分 代官山から10分、田園調布 から 10分、中目黒10分>




<トルコ手織り絨毯の歴史>
トルコ絨毯の特徴である、ダブルノット、絨毯の二重結びを生み出したのはトルコ民族で、その絨毯織りの技法は12世紀、セルジュクトルコ族の西への進出と共に地中海へ伝えられました
伝えられました。13世紀の旅行家「マルコ・ポーロ」も旅の途中アナトリアを通り、コンヤなどの宮殿を飾る絨毯やモスクに敷かれた素晴しい手織り絨毯を目にし、感嘆したことが「東方見聞録」にも記されています。

<トルコ絨毯のデザイン>
絨毯織りは、まず、デザインを決めることから始まります。熟練した絨毯の織り手が絨毯のモチーフや絨毯の基本となるパターンを決めます。絨毯の結び目数の多い高級絨毯(ノット数の多い絨毯)では図案が用意されます。方眼紙に描かれた絨毯のデザインは織り手が見やすいように、織り機の上部に掲げられます。トルコ絨毯の幾何学模様には多くのパターンありますが、動物、人物、植物を様式化したモチーフが絨毯の中にあしらわれることもあります。美しい草花を花園のようにいっぱい散らした絨毯の場合、絨毯のフレームにも植物モチーフで囲んで完全な絨毯の柄にします。絨毯のデザインで最も大切な要素はその均整で、絨毯のコーナーに歪みや不揃いがあってはなりません。「ミフラブ」デザインの絨毯では、その中や周りに他のデザインを施し、絨毯のボーダーにはアラビア文字が見られます。「コンスタンチノープル」ではモダンな幾何学模様の絨毯から、伝統的な花柄の絨毯やミフラブをモチーフにした絨毯まで。さまざまなデザインのトルコ絨毯をお楽しみいただけます。家の新築、マンションの購入、リフォーム、または、お部屋の模様替えの際にトルコの手織り絨毯が素敵なインテリア作りの要になってくれるでしょう。


<トルコ絨毯の素材について>
デザインの次に大切な要素は絨毯の素材です。絨毯の産地によって異なりますが、ウール(羊毛)の絨毯、シルク(絹)の絨毯、コットン(綿)の絨毯、あるいは、フロスシルクと呼ばれる絹綿で織られた絨毯があります。絹の産地は世界にも限られているのですが、「ブルサ」は長い間、絹糸生産センターとして、トルコ手織り高級絨毯の需要をまかなってきました。シルクの「ヘレケ」絨毯や「カイセリ」絨毯は敷物(カーペット)として、また、壁掛け(タペストリー)として、シルク絨毯の持つ輝きは他を圧倒する美しさです。遊牧民の間で羊の毛は絨毯の素材として、昔から使われてきました。広大なアナトリア高原で草を主食とする羊から取れるウールは丈夫で、しかも、光沢があります。繊維工業はトルコの主要産業の一つですが、それを支える綿花の生産も世界屈指のものです。絨毯の下地となる縦糸と横糸にコットンをはり、ウールの色糸を絡ませ結びつけた絨毯は他の素材のものに比べて一段と丈夫な絨毯になります。フロスシルクを使った絨毯は「カイセリ」でのみ織られています。フロスシルクの特徴は染色が容易なので、鮮やかな色彩の絨毯を織り上げることができます。「コンスタンチノープル」ではシルク・ウール「ヘレケ」絨毯、シルク・ウール「カイセリ」絨毯、その他、「ベルガマ」など、トルコ国内のウール絨毯とペルシャ絨毯を取り揃えております。

<トルコ絨毯の技法について>
絨毯の織り機は水平の横糸に縦糸を通すしくみです。この縦糸に図案を施した色糸をからませ絨毯の柄となる糸を結んでいきます。一目ごとにきっちりと結ばれた糸の端はハサミで切り揃えられ、絨毯の表面はまるで、ビロードのようです。このようにトルコの手織り絨毯は、一つ一つの糸を絡めて結んだ目が何千何万と集まって初めて美しい絨毯の柄が浮き上がってくるわけです。結び目が堅いほど上等で強い絨毯となります。上等なペルシャ絨毯やトルコ絨毯が美術品の価値を持つといわれるのはそのためです。

ターキッシュノット(トルコ結び)あるいはギョルデスノットと呼ばれる二重結びの方法は、ほとんどのトルコ絨毯に採用されています。トルコ絨毯のトルコ結びは2本の縦糸を絡めるのに対して、ペルシャ絨毯のペルシャ式は1本の縦糸だけ絡めて絨毯を作ります。織り上がった絨毯を見て トルコ結びかペルシャ結びかを判断することは難しいかもしれません。ちなみに、キリムは絨毯と違い、結び法ではなく平織りです。トルコ絨毯はその産地によって色使いにも特徴が見られます。昔からトルコでは絨毯を織る家族や工房だけが知っている独特の天然染料で染めた糸を使い絨毯を作ってきました。今日、絨毯には草木染めばかりというわけではなく化学染料も使われています。草木染では植物の葉や根、実から煮出した色で絨毯を染めるのですが、絨毯織りにかかわる村々ではボヤルク(染め)と呼ばれる特別な草地にこれから絨毯の染料となる植物を栽培しています。染色の秘訣は先祖代々、その家族、に言い伝えられ、今日もトルコ絨毯の美しさを生み出しているわけです。そのような絨毯の色の違いを見るのも興味深いものがあります。それぞれの地方で織られる絨毯に微妙な差はあるものの、各色にはそれぞれの意味が伝えられています。トルコ絨毯の基調となる色は富と喜び、幸福を表す「赤」。絨毯の「緑」は天国を。絨毯の「青」は高貴と崇高さを象徴し、絨毯の「黄色」は魔除けや厄除けとして、絨毯の「黒」は悩める心の浄化を意味します。トルコの手織り絨毯にはその産地による呼び名が使われるのが一般的ですが、現代の手織り絨毯は需要の多様化に応じてサイズも多く、絨毯の素材も様々な組み合わせが見られます。ある地域では絨毯の下地にも結び糸が使われるというように多様な絨毯づくりが見られます。

<トルコ絨毯のサイズと絨毯の名称>
敷物(カーペット)として、壁掛け(タペストリー)としてあるいは長椅子などのカバーとして様々なサイズの手織り絨毯が作られています。そのサイズによる名称は各地に共通ですが、絨毯は手作りのため、いささかの寸方の差は避けられないでしょう。一般的に「小ヤストゥク」と呼ばれる、枕サイズの絨毯から「タバン」と呼ばれる6平方メートル以上の絨毯まで作られています。「コンスタンチノープル」では玄関マットサイズのシルク、ウール「ヘレケ」絨毯から大型のサイズのトルコ絨毯(シルク、ウール)まで、さまざまな大きさの絨毯を取り扱っております。

<絨毯のお手入れ方法>
敷物(カーペット)として、あるいは壁掛け(タペストリー)としても使われる手織り絨毯を美しく、しかも長持ちさせるためには絨毯の日常のお手入れが大切です。織り上がった絨毯は色落ちをコントロールするために、特別な洗いの工程を経てから市場に出されますが、絨毯には毛羽やゴミがつきやすいので、鮮やかな発色や肌触りを保つためにも定期的なお手入れが欠かせません。家庭でのお手入れとして、掃除機で絨毯の汚れを吸い取るのが一番簡単な方法です。湿気、油脂、害虫は手織り絨毯の大敵です。万一、絨毯を濡らしてしまったら、すぐに水気をふき取り、絨毯を陰干しします。時には石鹸水を含ませたスポンジなどを固く絞って、一定方向から絨毯の全体を丁寧に拭いてください。この時、絨毯を乾かすためにドライヤーを用いるのも効果的です。手織り絨毯は日常生活に用いるものですが、もし長い間、絨毯を使わないときは防虫剤を入れて布で巻き、絨毯を乾燥した場所に保管してください。「コンスタンチノープル」ではペルシャ絨毯、トルコ絨毯など、手織り絨毯のクリーニングも承っております。高価な絨毯のクリーニングはペルシャ絨毯の専門家に任せた方が安全で確実です。他店でお求めになったペルシャ絨毯やトルコ絨毯でも、お気軽にご相談ください。ペルシャ絨毯、「ヘレケ」絨毯、「カイセリ」絨毯など、シルクの絨毯では艶と光沢がよみがえりますので、定期的な絨毯のクリーニングをおすすめします。

<トルコ手織り絨毯の産地>

トルコの手織り絨毯はアナトリア絨毯として包括されますが、トルコのどこの町や村で作られた絨毯か、あるいはどこの遊牧民によって織られた絨毯かによって、明らかな伝統を示す特徴があります。もちろん、織り手の性格や好みが絨毯に反映されることもあるでしょう。絨毯を織る家計にとって、絨毯作りから、もたらされる収入は無視できない家計の支えになります。絨毯の織り手のほとんどは女性たちで、家の隅に絨毯を織る道具を置き、農作業や家事の合間を見つけては織り機に向かって、その指先から魔法のように美しい絨毯を作り出していくのです。「ヘレケ」など、上等で価値あるトルコの手織り絨毯は個人、企業の工房、またはトルコ政府の保護を受けた研究所と、それぞれの場でたゆまぬ努力の結晶として、一枚一枚、織り上げられています。このように、色、柄、サイズなど、多様なニーズに応えられる手織りの絨毯は、トルコ国内でも、限られた場所でのみ織られています。「コンスタンチノープル」では、「ヘレケ」や「カイセリ」など、素晴らしいトルコ絨毯の魅力を皆さまにお伝えできればと考えております。

<ペルシャ絨毯、トルコ絨毯の選び方>
トルコやペルシャの手織り絨毯は日常のインテリアとして、生活に役立つものであると同時に高価なものなので、購入に際しては、慎重に選ばなければなりません。多種多様なペルシャ絨毯、トルコ絨毯など、手織りの絨毯を前にしたとき、誰もがその素晴らしさに魅惑魅惑されてしまいますが、高価な絨毯を選ぶときにはまず、あなたの直感や絨毯に対する第一印象を大切にすることです。もちろん絨毯の品質も重要なポイントですから、十分に吟味しなければなりません。絨毯販売店が注意深くチェックして選んだたくさんの絨毯の中から、一目ぼれの絨毯を見つけ出すことができたのは、幸運な巡り合わせといえるでしょうるでしょう。何世紀もの間、トルコ手織り絨毯は変わらぬ技術、伝統的なデザインで織られ続けてきましたが、今日では、昔に比べると、絨毯の色も柄もバラエティーに富んでいます。上質な絨毯を扱う店舗に飾られた結び目の細かく、ノット数の多い手織りの絨毯をみると、品質の違いが一目でお分かりになるでしょう。「コンスタンチノープル」の1階と2階にも、ノット数の多い「ヘレケ」絨毯を展示しておりますので、どうぞ、店内でご覧になってください。ほんの一枚の上質な手織り絨毯で、インテリアの雰囲気ががらりと変わり、いきいきとしたムードが漂うのをあなたも想像できるでしょう。価値のあるアンティーク「ヘレケ」絨毯などは、見つけ出すのは難しく、また、高価な絨毯なので、信用と経験のある絨毯の販売店から買うことをおすすめします。



トルコのヘレケ絨毯

へレケ絨毯というと、世界でも最高品質の芸術品といえる程に高級な絨毯として知られているようです。

シルクのヘレケ絨毯の場合、1平方センチメートルの中に結び目が100〜120もあり、品質・強度の高さだけではなく繊細な模様が描かれるので、美術画のような作品としても評価できるレベルです。

昔はヤギの毛を使用したウールの絨毯が作られていたのですが、1843年にイスタンブールの60km南東にあるヘレケを訪れたオスマン帝国のスルタン(皇帝)アブドゥルメジドがヘレケの人々によって織られた芸術的な作品の数々に魅了され、その勢いでヘレケに工場を設立し、今度は宮廷の為にだけ、豪華な装飾品や織り物を作らせ始めました。

その頃、イスタンブールでは新たにドルマバフチェ宮殿の建設作業が行われていて、皇帝のアブドゥルメジドはこのドルマバフチェ宮殿を、誰も実現ができないような世界でも完璧で最高の豪華絢爛な宮殿にしてやろうと、自分が魅了されたヘレケの高級な絨毯で宮殿内を敷き詰めるという壮大で野心的な計画を立てたのです。
早速ドルマバフチェ宮殿の地下に作った工場に、ヘレケの職人達を呼び集め、絨毯を作ることに専念させました。

宮殿内に敷き詰められた絨毯は大判のものだけでも100枚を超え、総面積は4,454平方メートルにも及び、アブドゥルメジドはヘレケの職人達が作った芸術性の高い豪華な数多くの絨毯で、宮殿を飾りあげることに見事成功しました。

オスマン帝国の皇帝アブドゥルメジドが立てたこの大規模な計画により、「ヘレケ絨毯」の名は世に広がっていきます。

ヘレケでは天然の素材で織り物を染色をしていましたが、ドイツで使用されていた化学染料の方が色合いも優れ、色落ちもすることがなかった為にヘレケでも化学染料で染色をするようになり、その品質をさらに高めていくこととなります。

トルコを代表するヘレケ絨毯の芸術的な美麗さは世界でも有名となり、今では限られたメーカーしかその製造の優先権を持ち得ていません。
シルクの特徴的な艶や伝統的なトルコのモチーフなど、曲線的なデザインも魅力のひとつであり、現在の西ヨーロッパのデザインテイストにも大きな影響を与えたようです。

ヘレケのシルク製絨毯はトルコの伝統的な芸術品として、日本・ロシア・イギリス・アメリカ・ドイツなどの王室や大統領達へ、過去に贈呈されていました。
現在、ドルマバフチェ宮殿やトプカプ宮殿の他に博物館などでもヘレケ絨毯は多く展示されています。

天然染料の重要性

インドでは、4000における織物繊維の天然染色の使用BCとは、メソポタミアで始まっていることが知られています。天然染色とは、19と組み合わせて使用??動物および植物染料は徐々に前世紀に合成染料の合成を減少させ、さらには消失点にありました。今日では、有毒な合成染料の多く、発癌物質が環境汚染や自然染色の無駄が再び議題を移動した原因となることを理解しました。天然染料の重要性
。大田区、目黒区トルコシルク絨毯買取り、東京、目黒区 品川区ペルシャシルク絨毯買取り

天然染色に使用される植物は、地域に自生植物です。これらは、採取後の染色のために使用されます。作物残渣は再び土地に関与している年未満で自然肥料としてあります。あなたが使用しているかどうか短い年後に使用する場合は、これらの植物は再びで栽培されています。したがって、これらの植物を無駄に行くために使用されることを意味します。

近年、天然染色のいくつかの金属塩の使用にもかかわらず、金属塩を無公害の毒性、発癌性のみアルミニウム、鉄ミョウバンが使用されます。従って、発癌性の使用を防止し、大田区、目黒区トルコシルク絨毯買取り、東京、目黒区 品川区ペルシャシルク絨毯買取り環境汚染を引き起こし、他の金属塩のより毒性の色であることに加えて。天然染色の染色に使用される方法は、再び伝統的に現在に過去に使用される標準的な方法の範囲に持ち込ま更新されます。
ビジネス向け Google 翻訳:翻訳者ツールキットウェブサイト翻訳ツールグローバル マーケット ファインダー
環境を汚染天然染料植物は、非毒性および発がん性、特に年間または隔年植物です。植物性染料よりも優れているがあっても、いくつかの動物起源の特性は、近年、染料を使用することは好ましくない。その理由は、クリーン技術の重要性と環境に配慮から来ています。それが今日は同様に、このような着色など、さまざまな分野で使用される医薬品、化粧品および食品として、織物染色工場であるとして、過去に使用される染料の多くは。同じまたは異なる活性剤を有するように、この文脈で使用される植物の多くのハーブティー。染色工場で使用されるこの酸化防止剤は、抗菌剤および抗菌剤を含有します。彼らは1年、2年、彼らは植物が乾燥土壌に戻り1年以内に収集されない場合には、通常、植物染料。大田区、目黒区トルコシルク絨毯買取り、東京、目黒区 品川区ペルシャシルク絨毯買取り
天然染色に使用される植物は、地域に自生植物です。これらは、採取後の染色のために使用されます。作物残渣は再び土地に関与している年未満で自然肥料としてあります。あなたが使用しているかどうか短い年後に使用する場合は、これらの植物は再びで栽培されています。したがって、これらの植物を無駄に行くために使用されることを意味します。
近年、天然染色のいくつかの金属塩の使用にもかかわらず、金属塩を無公害の毒性、発癌性のみアルミニウム、鉄ミョウバンが使用されます。従って、発癌性の使用を防止し、大田区、目黒区トルコシルク絨毯買取り、東京、目黒区 品川区ペルシャシルク絨毯買取り環境汚染を引き起こし、他の金属塩のより毒性の色であることに加えて。天然染色の染色に使用される方法は、再び伝統的に現在に過去に使用される標準的な方法の範囲に持ち込ま更新されます。
ビジネス向け Google 翻訳:翻訳者ツールキットウェブサイト翻訳ツールグローバル マーケット ファインダー



トルコ旅行をお考えの方へ
各地に点在する、美しい壮大な遺跡や歴史ある建築物など、見所がたくさんのトルコ。トルコ、イスタンブール出身の私がトルコを旅行するヒントを地域ごとにご紹介しましょう。

まずは、トルコの基本情報から
<トルコの国旗>
トルコの国旗は赤地に白の星と月の星月旗。トルコ語でアイ・バイラック(Al Blyrak)。通称アイ・ユルドゥズ(Ay Yildiz)ともいいます。
<トルコの正式国名>トルコ共和国 <トルコの国歌>独立行進曲 <トルコの面積>
約81万4,758ku(日本の2倍)<トルコの人口>トルコには約7,060が暮らしています。 <トルコの首都>アンカラ(Ankara)、人口約377万人 <トルコの政治体制>トルコは共和制です。 <トルコの宗教>イスラーム99%<トルコの言語>トルコの公用語はトルコ語。トルコの南東部ではクルド語も広く日常的に話されます。トルコでも、シリア国境に近い地域はアラビア語も話されています。
<トルコの通貨>トルコリラ(TL) <トルコへの出入国>トルコへ観光目的の旅であれば、90日以内の滞在はビザの必要はありません。 <トルコへのフライト時間> トルコ、イスタンブールまでは約13時間。<トルコの気候>トルコ、イスタンブールでは一般的に、夏は雨が少なく、乾燥しています。イスタンブールの冬は雪も降る場合もあるので、防寒着も用意しましょう。

次に、トルコを地域ごとにご案内します
<トルコ、イスタンブールと周辺>
イスタンブールはトルコ国内最大の都市です。世界遺産「イスタンブール歴史地区」にはスルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)やトプカプ宮殿など見所が目白押しです。イスタンブールの近郊には、2011年に世界遺産になった、セリミエ・ジャーミィで有名な「エディネル」のほか、シルクヘレケ絨毯の絹糸の産地として有名な古都「ブルサ」や陶器やタイルで有名な「イズニック」など魅力ある街があります。

<トルコ、エーゲ海、地中海沿岸>
エーゲ海、地中海はヨーロッパからバカンス客が押し寄せるリゾート地です。「ボドルム」や「マルマリス」「フェティエ」では豊富なマリンアクティビティが楽しめます。「エフェス」や「アフロディアス」などの古代遺跡、世界遺産の「トロイ遺跡」や「パムッカレ」などトルコの遺跡が豊富に楽しめます。
  
<トルコ、中部アナトリア>
トルコ内陸部に位置する中部アナトリアは乾燥した気候の高原地帯。観光のハイライトは世界遺産の「カッパドキア」です。気球に乗って奇岩風景を見下ろしたり、地価都市を探索したり、ウフララ渓谷の散策、アヴァノスで陶芸を体験したりとさまざまな楽しみ方ができる。トルコの首都「アンカラ」のほか、セルジューク朝の古都「コンヤ」や「ボアズカレ」などが、主な見所です。大田区、目黒区トルコシルク絨毯買取り、東京、目黒区 品川区ペルシャシルク絨毯買取り
<トルコ、南東部・東部アナトリア>
複雑な歴史をたどってきたトルコ、アナトリア南東部には、中世の雰囲気を残す「マルディン」、預言者アブラハムゆかりの「シャンウルファ」、城塞都市「ディヤルバクル」など、さまざまな時代の歴史建造物が残ります。ラフマジュンやパチャ、ジャーケバブなど、その土地ならではの郷土料理の食べ歩きもこの地方の楽しみのひとつです。

<トルコ、黒海沿岸>
比較的雨が多い黒海沿岸地方は茶葉やタバコの栽培が盛んな緑が多い地域。一番の人気の「サフランボル」はアンカラとイスタンブールの間にあるので、旅の途中に寄ることもできるでしょう。トレッキングで有名な「アイデル」、ラフティリングが楽しめる「ユスフェリ」など、山と川が織りなす大自然もこの地方の魅力です。

もつと詳しく、トルコ最大都市、イスタンブールについてお話しましょう。

1600年にわたってトルコの首都として栄えたイスタンブールには多くの人を惹きつける歴史的見どころがたくさんあります。分かりやすく、イスタンブールを地域ごとにご案内しましょう。

<スルタンアフメット地域>

スルタンアフメットはイスタンブール旧市街の歴史地区の中心です。スルタンアフメット・ジャーミィ、アヤソフィア、トプカプ宮殿、地下宮殿など、見どころが詰まっています。
<トプカプ宮殿>
トプカプ宮殿はオスマン朝の支配者の居城として400年もの間、政治や文化の中心でした。その秘宝は膨大です。15世紀にイスタンブールを陥落させたメフメット2世によって着工された宮殿です。19世紀にドルマバフチェ宮殿ができるまで、トプカプ宮殿はオスマン朝の中心地として栄えました。7万uの広大な敷地にはスルタンの居室、スルタンの調理場、謁見の間、宝物館、ハレム、バーダット・キョシュキュがあります。このバーダット・キョシュキュの内部では見事なイズニックタイルが見られます。

<スルタンアフメット・ジャーミィ>
ブルーモスクの名前で親しまれています。大きなドームと鉛筆型のミナ―レをもつ、トルコを代表するイスラム寺院です。現在もイスタンブールのイスラム教の信者が集う神聖な場所です。このスルタンアフメット・ジャーミィはスルタンアフメット1世の命を受け、17世紀に建造されました。内壁を飾る、2万枚以上の青いイズニックタイルのため、ブルーもモスクの愛称で広く親しまれています。敷き詰められた絨毯も必見です。エチオピアからの贈りもので、絨毯の色「緑」はイスラム教の聖なる色です。スルタンアフメット・ジャーミィの壮大な姿はイスタンブールの象徴になっています。
<スルタンアフメット1世廟>
スルタンアフメット・ジャーミィの北側にあります。スルタンアフメットを中心に家族の墓が並んでいます。

<地下宮殿>

イスタンブールの旧市街では地下の貯水池が数ヶ所発見されています。なかでもこの貯水池は4から6世紀にコンスタンティヌス帝からユスティニアヌス帝の時代に造られました。後にトプカプ宮殿のスルタンたちの飲料水になりました。
イスタンブールのスルタンアフメット地域その他おすすめポイント
トルコ・イスラーム美術博物館、モザイク博物館、国立考古学博物館などがあります。

<ベヤズット地区>
イスタンブールのベヤズット地区はスルタンアフメットの西に隣接する地区です。
<グランドバザール>
15世紀の半ばにイチ・ベデステンとサンダル・ベデステニという、二つの市場が中心になってできた屋根つきの市場です。金、銀、宝石、時計やアクセサリー、トルコ絨毯やトルコのキリムなども見つかります。
イスタンブール、ベヤズット地区、その他のおすすめポイント
古本市、ヴァレンス水道橋、スュレイマニエ・ジャーミィがあります。

<スィルケジ周辺>
イスタンブールのスィルケジは鉄道駅のある所です。イスタンブールの新市街と旧市街を結ぶガラダ橋があり、エミノニュ桟橋も近いために大変にぎやかです。
<ガラタ橋>
エミノニュ桟橋とカラキョイ桟橋を結ぶ、金角湾にかかる橋です。イスタンブールのシンボルとして、長い間親しまれてきました。トルコのサンドイッチを食べながら、美しい風景を楽しめます。
<エジプシャンバザール>
ガラタ橋近くにある市場です。かつては香辛料の店が並んでいたことから、別名、香辛料市(スパイスバザール)ともいいます。トルコのみやげ物店やトルコの食品も売られています。

<新市街>
イスタンブールの新市街はガラタ橋以北の広い範囲です。トルコのショッピングセンター巡りも楽しいです。
<ガラタ塔>
6世紀に灯台として建てられたイスタンブールのランドマークです。最上階にはレストラン、ナイトクラブがあり、夜はベリーダンスのショーが行われます。

<魚市場>

トルコの魚を中心に野菜、肉、乾物、お菓子が見つかります。
<ドルマバフチェ宮殿>
19世紀に建てられたバロックとオスマン様式を合わせた壮麗な建物です。宮殿内は男子のみのセラムルク、男子禁制のハレムに分かれています。バカラ製の特注シャンデリアも見事です。
イスタンブール新市街その他のおすすめポイント
軍事博物館、ユルドゥズ宮殿と公園
<金角湾周辺>
金角湾の両岸から旧市街の西に広がるエリアです。

<エユップ・スルタン・ジャーミィ>
新しいスルタンが即位するときに、ここで聖剣の授与が行われたという由緒あるジャーミィです。
イスタンブール、金角湾周辺のおすすめスポット

スザーニ

 スザーニは、タジキスタン、ウズベキスタン共和国、カザフスタン、及び他の中央アジアの国々で作られたあるタイプの刺繍をされた装飾用の部族の織物です。 Suzaniはペルシャ人からですか???? 手段が縫うスーザン. イランのそのような織物を作る芸術〔作品〕は呼ばれますか???????? Suzankari (針仕事〔刺しゅう〕).

織物ベース(絹か綿糸で刺繍をされる)  スザーニが通常(時々絹で)綿を持っています。 鎖、サテン、及びボタンホール縫い目〔針〕は針〔縫い目〕が使った予備選挙です。 横たわることの幅広い使用が同様にあります。上げられたライン〔回線〕が2本目の糸〔筋道/スレッド〕で適当な場所で縫われる時装飾用の糸が織物でそれに横たわりました。  スザーニがしばしば2つあるいはそれ以上の部分で作られる そして縫われる 一緒にポピュラーなデザインモチーフが太陽と月ディスク、花(特にチューリップ、カーネーション、及びアイリス)葉、及び果物(特にザクロ)と、時折の魚と鳥つる植物を含んでいる [1]

最も古い生き残る スザーニが今は亡きものからである 第18に そして 早い 第19に 世紀 を除いて それらが長い間のそれの前の使用の中にだったことが可能性が高いように思われる。 15世紀の初めに、Ruyゴンザレス・ド・Clavijo (ティムール(Tamerlane)の裁判所〔コート〕のカスティリャの大使)は多分 スザーニの前触れ〔先駆者〕だった潤色の詳細な説明を残しました。 [2] トルコ絨毯買取りなら

 スザーニは伝統的に彼女らの持参金〔天賦の才能〕の一部としての中央アジアの花嫁に作られて、結婚式日に花婿〔馬丁〕に贈られました。

[1ページ] [2ページ] [3ページ]